自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

水辺もないのに、なぜ?

環境保全研究所飯綱庁舎は、標高約1,000mの飯縄高原にあります。
周囲は森に囲まれています。

さて、ここで問題です。

下の写真の卵は、だれが産んだのでしょうか? 産卵された場所は、研究所飯綱庁舎駐車場の花壇の中です。

・・・・・・

実は、これはカルガモさんの卵です。
5月の掃除の時に、発見されました。近くに水辺もなく、孵ったら,親はヒナをどこに連れて行くつもりなのでしょうか。産卵場所から近くの沢に行くには、森の中の遊歩道を通って約300mほど歩かなくてはなりません。
そんな心配をしていたのですが、数日後きれいになくなっていました。
来年も来てくれるでしょうか?

このブログのトップへ