信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 下伊那/巡視員 > 今年も「八十二の森」活動で林内がすっきりしました

今年も「八十二の森」活動で林内がすっきりしました

 梅雨明け初日の7月9日(土)。日差しは強いけど標高の高い大平峠県民の森は爽やかです。

 八十二銀行が去年から始めて通算3回目の「八十二の森」活動をしました。
 森の持ち主の財産区や、飯田市や県の職員等、総勢90名程で活動をしました。
 
 この日の主な作業はササ刈りとクマ避けの鐘の設置です。
 大平県民の森で一番の展望スポットの「夏焼山(なつやけやま)」頂上付近と、誰でも気軽に散策を楽しめる「コケの沢コース」の二手に分かれて作業開始です。

 いざ夏焼山へ!(登山が一番大変だったという感想も。)

 森を訪れる皆さんが気持ちよく安全に散策できるようにササ刈りをします。
 継続参加者が多く、皆さん手際よくばりばりと作業を進めます。

 みんなの休憩場所の整備。余分な枝を切り落とします。

 ベンチの周りが明るく気持ちよくなりました。

 クマ避けの鐘を設置。
 道の分岐点など主要ポイント6箇所に設置。

 鐘を見つけたら力強くたたいてクマにお知らせ!
(クマは耳がとても良いので遠くから聞きつけてすぐに逃げてくれます。)

 夏焼山頂上。作業で視界が開けて、さらに良い展望スポットになりました。
 一息ついたら下山しつつのササ刈りです。

 作業を終えて。やったぞー!

 八十二銀行の皆さんからは「この森に愛着がわいてきている」「大変だったけど刈り始めたら夢中でしていた」などの感想が聞かれました。

 この活動は県が進めている「森林(もり)の里親促進事業」によるもので、環境活動に熱心な企業の応援を得て、企業と地域の交流を深め、新しいかたちの森林づくりをしていくためのものです。

○大平峠県民の森のホームページは こちら

<本件に関するお問い合わせ先>
下伊那地方事務所林務課林産係
TEL:0265-53-0424
FAX:0265-23-3393
メール:shimochi-rimmu@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ