信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

ろもうマンのくねくね日記 その7

<ろもうマンのくねくね日記 その7>
「朝日村でダンケシェーーン!の巻」

 

 こんにちは!ろもうマンです。みんなカゼひいてない?

 この前、朝日村で開催された、「ドイツ・フォレスターシンポジウム」に参加したよ!

 フォレスターというのは、森林官のことで、ドイツではフォレスターが地域の森林づくりの計画や指導に大活躍しているんだ。

 今回は、このフォレスターの、ミヒャエル・ランゲさんがやってきて、森林づくりや路網の整備について、実際山で指導したり、公民館で講演をしてくれたんだよ。

 現場では、将来木施業といって、残す木を決めて、周辺でその木の成育の障害となる木を伐採していくという施業方法を教えてくれたよ。かなりロジカルな手法だよね。さすがドイツだ。

 現場には、林業機械用のいわゆる森林作業道が整備されていたよ。
 この道についてどう思うか、ランゲさんに聞いてみたけど、ドイツでは現在はこのような簡易な路網は整備しないみたいだ。むしろ、トラックが通行できる壊れにくい道づくりに力を入れているんだって!

・・・えっ、ろもうマンはドイツ語が話せるのかって? 第2外国語だったからね。

 講義の中でも、ランゲさんは、路網の重要性を語っていたよ。
 林業経営のために必要なのは、まずは路網だってさ!
 それも、壊れにくい、しっかりした道を作ることだってさ!

 もう、ボク、テンションあがりっぱなしだよ!!

 ランゲさん、すごくためになったよ!ダンケシェーーン!!

 ところで、みんな、アルクマちゃんに一票いれてくれたかな?
 ・・・えっ、アルクマは、ゆるキャラのライバルじゃないのかって?

 失礼だな、ボクはゆるキャラじゃないよ。だって、縦断勾配は16%までいけるし(もちろん条件つき)、切土の法面だって標準6分だから、決して「ゆる」くはないんだよ!

 ・・・またね!

<本件に関するお問い合わせ先>
林務部信州の木振興課林道係
TEL:026-235-7268
FAX:026-235-7364
メール:ringyo@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ