信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

長野県産材CO2固定量認証証書授与式を実施します

<林務部プレスリリース>
 県産材を利用することが、地球温暖化防止に貢献し、地域の環境保全に寄与することを広く普及するため、木材が固定している二酸化炭素(CO2)の量を数値化し、知事が認証する「長野県産材CO2固定量認証制度」の第1号の認証証書授与式を実施します。

1 認証証書授与式
 県産材を使用して、店舗や事務所を木質化した企業8社に対し、「長野県CO2固定量認証証書」を知事から交付します。

2 日 時
 平成25年2月17日(日)
 14:35~15:00

3 場 所
 塩尻市総合文化センター講堂
 (塩尻市大門七番町4-3)
 ※ 当日、同会場で開催される「平成24年度森林フォーラム」の中で、授与式を実施します。

4 授与する企業及び認証の内容(50音順)
(1) KOA㈱:阿智村に新築した工場「KOA七久里の杜」の木質化
(2) 髙橋林業㈱:「県産材モデル住宅」の建築
(3) ㈱田中住建:「県産材モデル住宅」の建築
(4) 中日本高速道路㈱:「中央自動車道伊那IC 南側」の木製遮音壁設置
(5) 長野トヨタ自動車㈱:「プリズム店」ショールームへの木製品設置
(6) ㈱八十二銀行:「飯田支店」ほか店舗への木製品設置
(7) ㈱飯伊:製材工場「ほうりん」の木質化
(8) ㈱林友:本社事務所接客コーナーへの木製品設置

※ 長野県産材CO2固定量認証制度とは、県産材を一定量以上使用した個人住宅の建築や事業所等の木質化を実施した企業に対し、県がCO2固定量を算定し、認証する制度で、平成24 年12 月7 日に開催した審査委員会(委員長:小林紀之 日本大学大学院客員教授)で、制度発足後初めて認証となった上記の企業に対して、認証証書を交付するものです。

<本件に関するお問い合わせ先>
林務部信州の木振興課県産材利用推進室
TEL:026-235-7266(直通)
FAX:026-235-7364
メール:mokuzai@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ