来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 信州山の日 > 松本合庁トレッキング部~秋の槍ヶ岳へ~

松本合庁トレッキング部~秋の槍ヶ岳へ~

今回トレッキング部は、北アルプスの槍ヶ岳へ1泊2日の日程で登山へ行ってきました!

槍ヶ岳は標高3,180m、日本で5番目に高い山で百名山の一つにも選ばれています。また深田久弥の『日本百名山』の中で槍ヶ岳は、「富士山と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。~一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう~」とも紹介されており、登山家からは富士山以上に愛されていると言っても過言ではない山です。  

 写真①

横尾から出発し、1時間ほどで槍沢ロッチへと着きました。登るにつれて徐々に紅葉が見られるようになってきました。

写真②

殺生ヒュッテ~槍ヶ岳山荘の道のりでは、あたり一面に紅葉が広がり、登山者を癒してくれます!

 写真③

また途中には、槍ヶ岳を開山した播隆上人が山籠もりをした際に念仏を唱えていたとされる播隆窟もあります。

写真⑧

そしていよいよ槍の穂先へと登ります!横尾から槍ヶ岳山荘への道のりは比較的勾配の緩い道が坦々と続く感じですが、この槍の部分はほぼ垂直な岩肌を梯子や鎖を使って登っていきます。正直とても怖いです。

写真④

ただやはり頂上からの景色は壮観です。

写真⑤

 

写真⑥

そして泊まりの醍醐味、御来光です。朝日と槍。なかなか幻想的です。

写真⑦

  この2日間はとても天気がよく、雲もほとんど出なかったので登りも下りも紅葉を眺めつつ、楽しく登山ができました!最近では初冠雪が見られる山も多くなってきました。 紅葉を楽しむことができるのもあと少し!

 

このブログのトップへ