来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

春まで伐採作業を行っています

林業総合センター指導部です。

以前にご紹介させていただいた、当センター構内での伐採作業が始まりました。
伐採作業
マツ材線虫病の分布拡大を抑制するため、感染源となるアカマツを伐採しています。

伐採を終えたアカマツ
標高が低いところほど被害を受ける可能性が高いことから、当センターの北西側から作業を開始しています。

25mを超える大きな木を伐採していますが、ただ切り倒しただけでは、とても重たくて動かすことができず、次の山づくりができなくなるため、作業しやすい大きさに刻んで整理しています。

伐採木の整理

こうした作業を行っている間は、付近の道路を通行止めとさせていただき、一般の皆様の通行も制限させていただいております。

通行止めの案内

敷地の入り口にこの看板が出ているときは、安全作業の支障となりますので、立ち入らないようにご協力のほどお願いします。

なお、今年度の伐採作業は、3月までは続く予定ですが、一年ですべての作業を終える予定はありません。
当センターでは、今回の伐採をきっかけとして、数年をかけ、構内のアカマツ林を減らし、他の森林へと入れ替えていく計画としています。
所内検討会議
とはいえ、すべてのアカマツを伐採することはせず、残せるものを残すという研究も行いながら、より良い場にしていこうと、職員同士でも議論を深めています。
春になって景色が少し変わって見えるかもしれませんが、より良い森林へと変えていくためのスタートですので、ご理解いただきますようお願いいたします。

〈本件に関するお問い合わせ先〉
林業総合センター 指導部
TEL:0263-52-0600
FAX:0263-51-1311
E-mail:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ