来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

上高地防災訓練が行われました!

こんにちは!
総務管理課のFです。

6月28日(金)に上高地防災訓練が行われ、私も微力ながら参加しましたのでその様子をお伝えします!!

まず、そもそも上高地防災訓練とは?という方のために簡単に訓練について説明します。
上高地防災訓練は、上高地一帯における災害発生(焼岳噴火等)を想定し、災害時に負傷者等をスムーズに救助するために行っている訓練です。
焼岳火山防災協議会を主体として、長野県だけでなく、国や市、さらには自衛隊や消防、警察など数多くの機関が一体となって行われました。

訓練は大きく分けて4つ予定されており、中にはヘリコプターを用いて救出する訓練もありました。
しかし、この日はあいにくの雨だったため、ヘリコプター訓練を含めた3つの訓練は中止となりました。

この日行われた訓練は、上高地バスターミナル付近に残された避難者・負傷者を坂巻温泉付近まで運ぶというもの。

負傷者役の方は負傷者になりきり、各々の状態を伝えます。

そこに自衛隊の装甲車が到着

なかなか見れない光景ですね。

負傷者を装甲車まで運びます。

中はこんな感じです。

負傷者を全員乗せ、無事に坂巻温泉まで避難させることができました。

災害は、いつ起こるか分かりません。
災害を想定した訓練の重要性を改めて認識した1日となりました。

1 2

このブログのトップへ