来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

さんぽみち <イチョウ>

秋の紅葉もそろそろ終わりになってきました。

この時期イチョウは、散ってしまったものから今が黄色一色というものまである

というタイミングで鑑賞することができます。松本市のキッセイ文化ホール周辺

イチョウが黄色にそまり地面には黄色い絨毯のようです。上を見上げると青空と

黄色イチョウがとても

麗です

黄色の絨毯 銀杏の合間の青空

 イチョウは、樹木としては、長寿で高さも10m以上のものもあるそうです。落葉

前の葉も鮮やかに黄葉します。各地で並木道などもありこの時期のスポットのひと

つとなっています。

立ち並ぶ銀杏

大きさ、角度を変えて見ると少しづつ違って見えます

IMG_1793 青空銀杏

葉っぱなのに、ひかりの当たり具合でまったく違って・・・・・

不思議な感じですね

アップ銀杏 IMG_1824

巨木と呼ばれるイチョウが生坂村と安曇野市にあります。

生坂村は、乳房イチョウと呼ばれ、太さ7m、高さ30m、樹齢約800年

安曇野市は、吉野荒井堂のイチョウと呼ばれ、太さ5.6m、高さ33m

樹齢350年と2本ともかなり大きなイチョウで見応え十分です。

冬の少し前のイチョウ鑑賞はいかがですか

 

 

 

 

1 2

このブログのトップへ