来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 8月8日(土)上高地で安全登山・山岳遭難防止の啓発活動を行いました

8月8日(土)上高地で安全登山・山岳遭難防止の啓発活動を行いました

商工観光課です。

登山者の増加が見込まれる山の日(8月10日)を含む3連休の初日に、上高地のバスターミナル前で松本警察署の山岳遭難救助隊員との合同により、安全な登山や山岳遭難防止に係るチラシ等の啓発物及び山カードを配布し、安全登山・山岳遭難防止の啓発を行いました。

また、登山先や宿泊状況を把握し今後の観光統計の参考とするためのアンケート調査も実施しました。

北アルプス南部地区では、本年度、コロナ感染の影響により7月14日まで登山者へ登山自粛の依頼をしており、山小屋のほとんどが7月15日からの営業となりました。

また、4月から地震が頻発し、雪崩・落石が相次いだ後、6月~7月は梅雨前線による豪雨に伴い、上高地に至る道路や上高地バスターミナルから先の歩道、登山道が被災を受けました。

しかし、関係機関や団体の速やかな対応により早期復旧し,観光客や登山者を迎えることができました。

 

【上高地バスターミナル前】

本来であれば啓発物や山カードを登山者へ直接手渡したいところですが、感染防止の観点から透明アクリル板を設置し、机上からお持ちいただくこととしました。

 

【啓発物】

↓ ↓ ↓

チラシ、ウエットティッシュ、ドリップコーヒー等が入っています。

 

【チラシ】

チラシには、5つのお願いや遭難した場合の留意点が記載されています。

 

 

【山カード】

警察からは登山先の山カードを配布しました。表面はヘリコプターからの撮影写真、裏面は標高や登山時のアドバイスなど記載されたカードであり、かなり人気がありました。

1 2 3

このブログのトップへ