来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 「天皇陛下御即位記念植樹」が生坂村で行われました!!

「天皇陛下御即位記念植樹」が生坂村で行われました!!

令和元年11月20日(水)に、生坂村高津屋森林公園で「天皇陛下御即位記念植樹」が行われました。

当初、10月30日の「松本地区育樹祭」の中で計画していたところ、台風19号による災害復旧に向けての対応で、育樹祭はやむなく中止になりましたが、天皇陛下の御即位をお祝いするため行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は、小野浩美松本地域振興局長、藤澤泰彦生坂村長、高野忠房松本地域森林林業振興会長(麻績村長)はじめ、生坂村議会の議員各位、地元昭津区及び高津屋森林公園管理組合の皆さん、生坂村振興課職員、松本地域振興局林務課職員、総勢16人が参加してハナモモの苗木3本(赤、白、ピンク)を植樹しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県産アカマツ材の記念標柱も設置しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さんは終始笑顔で、「令和」という新たな時代を迎え、豊かな森林が次世代に引き継がれ「平穏で明るく平和な時代」となるよう願いを込めて植樹され、数年後にはきれいな花が咲くことを楽しみにしていました。

このブログのトップへ