来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

環境にやさしい農産物 ブルーベリー

 松本地域で「信州の環境にやさしい農産物認証制度」により認証された農産物をシリーズで紹介します。
 第3回はブルーベリー。

 ブルーベリーと言えばジャムがメジャーですが、この時期は生ブルーベリーが何と言ってもおいしいのです!

 甘いもの、酸味が強いもの、品種によって味の違いがあります。松本市波田の“筑摩野ファーム”さんでは広い農園でブルーベリー狩りができますよ♪



 背丈ほどの樹が勢い良く伸び、大粒の実がたくさんついています。500円玉と比べてもこのとおり!もちろん、県の認証品ですから、肥料・農薬は最小限。殺虫剤も使っていませんので、安心してそのまま食べられます。
 園主さん曰く「木材チップを敷いて、あとは水と太陽があれば育つ!」とのことです。チップが腐熟して、いい肥料になるのですね。
 おすすめの食べ方は、手に一握りくらいをひと口で食べる方法です。一度お試しあれ。

←この日一番の 大物

★摘み取りは7月5日からオープンしています

★筑摩野ファームさんのホームページはこちら

 そして、松本管内ではもう1件、ブルーベリーの認証者がいます。
 生坂村の“季来里(きらり)ふぁーむ・すずき”さんです。こちらは摘み取りできませんが、生坂村やまなみ荘の直売所などで販売されます。

 さて、次回はいよいよりんごの調査に行ってきます!

 「信州の環境にやさしい農産物認証制度」とは、化学肥料や農薬を通常より50%(または30%)削減して生産された農産物を、長野県知事が認証する制度です。
 詳しくはホームページをご覧ください↓
 平成25年産は県内で270件、松本地域では43件の農産物が認証されました。

                               農政課

 

このブログのトップへ