来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本市奈川に行きました

10月21日(月)に松本市奈川にある農政関係の施設調査に行きました。
まずは、「ながわ山菜館」。奈川振興公社が運営する直売所です。
こちらでは、標高が1,000m程度ないと収穫できない「花豆」や「エゴマ」、「きび」、「あわ」、「そば米」や四季の山菜・きのこなどが購入できます。また、奈川で栽培されたそばを自家製粉した石臼挽きそば粉も販売されています。


つぎに、「ながわ楽農倶楽部おおはら」です。こちらは、奈川に3か所あるクラインガルデンの一つです。35戸のラウベ(休憩小屋)には、それぞれに150㎡の畑があって大根などの野菜を栽培して農と自然を楽しめるようになっています。ロケーションがよく、素晴らしい山の風景が目に飛び込んできます。

つぎに「清水牧場」さんを訪ねました。ここは、知る人ぞ知る「チーズ」と「ヨーグルト」の生産を行っている施設です。オーナーの清水さんにお話を伺うことができました。飼育されている牛は「ブラウンスイス牛」という品種で、高乳量を目指す酪農とは一線を画すこだわりの生産者です。チーズは1カット200~250gで¥1500前後しますが、日経新聞の何でもランキングで1位に輝きました。ぜひ、一度ご賞味ください。清水牧場さんのホームページ

昼食を「仙洛」さんで、「とうじそば」をいただきました。(もしかしたら松茸が入っているかも)松本そばまつりでも奈川の「とうじそば」は人気を博していました。奈川では、11月4日まで新そばまつりを実施しています。ぜひ紅葉を楽しみながら「とうじそば」を堪能してみてはいかがでしょうか。

このブログのトップへ