来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 第66回長野県統計グラフコンクール作品展覧会

第66回長野県統計グラフコンクール作品展覧会

松本地域振興局総務管理課のKです。

長野県統計グラフコンクールも今年で、66回目となりました。

展覧会は、1月25日(金)から1月27日(日)まで、イオンモール松本風庭1F

において、松本市統計調査員協議会の主催で開催されました。

 

あまり聞きなれないコンクールですが、統計グラフを作成することを通じて、統計知識の普及や統計データの

表現技術の向上を目的に、全国各地で実施されています。応募は、小学生・中学生・高校生・一般と幅広く

受け付けています。

 

今回は、松本市内の小学生からの応募24作品と、知事賞及び統計協会長賞を受賞した11作品が展示されました。

このコンクールのテーマは自由です。子供たちが自由な発想で身近なテーマを決め、観察調査した結果を色鮮やかに、

デザイン性に富んだグラフに仕上げています。

 

子供たちが夏休みに一生懸命に取り組んだ作品をご紹介します。

どれも力作ぞろいです・

松本市内小学生の入賞作品です。

 

県コンクール知事賞受賞作品です。

 

 

 

1 2

このブログのトップへ