来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 信州まつもと空港 > 信州まつもと空港ターミナルビル出口に『信州花フェスタ2019』のPRパネルを設置しました!!

信州まつもと空港ターミナルビル出口に『信州花フェスタ2019』のPRパネルを設置しました!!

こんにちは、松本空港管理事務所のオスカー・マイクです。

4月25日(木)から6月16日(日)まで『信州まつもと空港』となりの信州スカイパークをメイン会場に第36回全国都市緑化信州フェア『信州花フェスタ2019』が開催されます!

全国都市緑化フェアは、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典で、長野県では初開催!

『信州まつもと空港』は、信州・長野県のゲートウェイであるとともに、メイン会場の信州スカイパークまで、たったの徒歩5分。そのため、空港も一体となって『信州花フェスタ2019』を盛り上げるべく、昨日、ターミナルビル出口に『信州花フェスタ2019』のPRパネルを設置しました!


PRパネルは、県木である「シラカバ」、信州の伝統工芸品である「松本てまり」、「飯田水引」をイメージしたもので、さっそく興味深そうにパネルを見ている姿も見られました。

ターミナルビルには、このPRパネルの他にも、ビルの特徴でもある三角屋根の大天井に『信州花フェスタ2019』の大きな懸垂幕を設置している他、2階の出発ゲート前に開催までの日数をお知らせするパネルを設置しています。

『信州花フェスタ2019』開催まで、あと28日です!(3/28現在)
皆さん、『信州花フェスタ2019』の開催をお楽しみに!!

なお、『信州花フェスタ2019』は、国営アルプスあづみの公園等のサブ会場を合わせ、50万人もの来場者が想定されています。

『信州まつもと空港』ターミナルビル正面の約300台の駐車場は、連休等を中心に満車になることが増えています。先日、お知らせいたしましたとおり、『信州花フェスタ2019』の開催に間に合うよう、現在、空港の東側に約220台の『第2駐車場』の新設工事を進めています。

ただし、今年のゴールデンウィークは過去に例を見ない『10連休』。
新設する『第2駐車場』が満車となってしまうことも十分想定されます。

『信州花フェスタ2019』にお越しの皆さまは、『信州花フェスタ2019』の駐車場を利用し、くれぐれも空港の駐車場には、駐車しないよう、ご協力をお願いします。

また、『信州まつもと空港』から搭乗される皆さまは、できるだけ公共交通機関でお越しいただきますようお願いいたします。

多くの皆さまの『信州花フェスタ2019』、『信州まつもと空港』へのお越しをお待ちしおります!!

このブログのトップへ