楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■Shinshuスクリーンショット > Shinshuスクリーンショット「キツツキと雨」(2)

Shinshuスクリーンショット「キツツキと雨」(2)

Shinshuスクリーンショット
~観たい!知りたい!めぐりたい!信州ロケ地調査隊~
映画「キツツキと雨」の舞台をゆく!!(2)

みなさん、こんにちは!楽園信州・ナビゲーターのリンダです!
第4回目のShinshuスクリーンショットは、映画「キツツキと雨」!
舞台となった、南木曽町とその周辺をご紹介しています。
前編では、ロケ地のひとつ、旧妻籠小学校を訪れたり、日本最大級の木製の吊橋、桃介橋をご紹介しました。

★前編はコチラ★
映画「キツツキと雨」の舞台をゆく!!(1)

後編では、南木曽町の伝統工芸品や歴史ある妻籠宿の町並みをご紹介!
それでは、でかけましょう!☆


<ネコもはおりたい!?南木曽町の伝統工芸品「ねこ」>


「なぎそねこ」キャラクター・ぽかにゃん

南木曽町の伝統工芸品の一つが、「ねこ」。
「ねこ」といっても動物のあの“猫”じゃ、ありませんよ!
南木曽町に昔から伝わる防寒着のことで、ちゃんちゃんこの背中部分だけのもの・・・といえば分かりやすいでしょうか?


リュックみたい?
それにしてもネコが「ねこ」を着ている・・・

袖なしの理由は、ろくろ細工など、南木曽町の伝統工芸品を製作するときに作業の邪魔にならないようにというもの。
しかも一つ一つが手作りで、家庭に伝わる作り方も違うため、作り手ごとに「ねこ」の形も微妙に異なるそうです。

また、「なぎそねこ」のタグは、南木曽町の方々が手作りしました!という証明。
お買い求めの際の参考にしてくださいね。
※製作時期等によりタグが付いていないものもあります

1 2 3

このブログのトップへ