楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.233>旬です!信州

<須坂動物園三つ子ヤギ>
須坂市の動物園ではヤギの赤ちゃんが誕生しました。珍しい三つ子です。
生まれて間もない赤ちゃんヤギ。動きもまだまだおとなしく、耳が垂れ下がっています。
数日経つと、ぴょんぴょん跳ね回るようになり、お母さんの背中に乗るなど元気いっぱいの姿が見られるということです。
ヤギの出産は通常、1匹から2匹。三つ子の誕生はとても珍しいということです。
(7月2日放送)

<アジサイ寺ようやく>
アジサイ寺として知られる松本市の弘長寺で、雨に似合う花が見頃です。
約1000平方メートルの境内には80種類1000株のアジサイが植えられています。
今年は4月に降った雪で花芽が枯れる被害が出ました。
このため「花の数は例年より少なく大きさも少し小ぶり」。
このアジサイは今月中旬まで楽しめるということです。
(7月4日放送)

<パッションフルーツ苗>
下伊那郡松川町では熱帯の果実、グリーンカーテンにもなるパッションフルーツが話題です。
松川町の大石良一さんが15年前から栽培を始め、観賞用として関東や関西へ出荷しています。
弦のように上へ伸びて、レモンほどの大きさの実を実らせるため、日よけと味覚の一石二鳥。
育てやすいこともあって愛好者が広がっています。
落果した後、2、3週間ほど熟させてから食べる赤い実はトロピカルな味だということです。
(7月5日放送)

1 2

このブログのトップへ