い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > かみいな風景一話~信州のミケランジェロ!! 高遠石工 守屋 貞治の石仏

かみいな風景一話~信州のミケランジェロ!! 高遠石工 守屋 貞治の石仏

こんにちは!

伊那建設事務所建築課のIです。

今回ご紹介する風景は、”貞治仏”です。

 

江戸時代の中期から末期、高遠から全国へ「旅稼ぎ石工」として

出向き、石造物をつくった石の職人「高遠石工」約1400人、

その最高峰とされているのが、守屋  貞治(1765~1832)です。

守屋貞治の石仏「貞治仏(さだじぶつ)」は、他の石仏野仏と同様、

庶民の信仰礼拝の対象であり、石造彫刻としては全く無名でしたが

上伊那の郷土研究者、曽根原駿吉郎氏が、昭和44年に

「貞治の石仏~幻の石工を求めて」を発刊、貞治仏の存在と

その彫像としての独特で類い稀な端正さ、清らかさ、美しさが世に

知られるようになりました。

(当ブログでも過去に二度、「貞治仏」の記事を掲載させて頂いて

います)

高遠の街中を見下ろす高台にある高遠藩歴代藩主の菩提寺

建福寺(けんぷくじ)の「西国三十三所観世音菩薩」は、

貞治の代表作群として知られ、春の高遠桜と秋の「高遠燈籠祭」

の年2回、御堂の格子を外しライトアップ、さらに陰影ある

幻想的な姿が披露されています。

この9月22日(土)の様子をご紹介します。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ