い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

「鮎の友釣り解禁」レポート

平成25年6月25日に告知しました「鮎友釣り解禁」。

解禁当日の状況を取材しました。

スタッフは午前4時から、囮用の鮎の販売などのためスタンバイ。

私は寝坊して午前5時に漁協へ。
 
・・・というわけで、午前5時の漁協周辺の様子です。



出足はいかがですか~・・・と質問したら、「今年は早いですね~」。

事前のアナウンス(ホームページ)が効いたのか、釣り人の出足は好調のようです。

一番乗りは神奈川県から来た3人組。

私が漁協に到着したときは、東京からバスをチャーターして来た10数名のグループが、漁協から現場へ向かった直後でした。



<中央電信柱の陰に写っているのですが・・・見えねぇ>

また、横川川(辰野町)には既に100人以上が集結しているとの情報も。

いやはや、いずれにしてもすごいですわ(笑)

私がウロウロしていると、漁協関係者の皆さんが次々と声をかけてくださいました。

お茶、コーヒーを入れてくださったり、ドーナツまで出てきたり。

鮎のことをほとんど知らない私の超基本的な質問にも丁寧に答えてくださいました。

ありがたいことです。

事務室に、無造作にロケット花火が。



鵜(う)撃退用だそうです。しかも生分解性で自然にやさしいとか。

さまざまな御配慮、ご苦労さまです・・・

漁協前の水槽で、囮鮎を売ってました。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ