い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 辰野南小学校がみどりの少年団活動を実施しました。

辰野南小学校がみどりの少年団活動を実施しました。

6月26日(水)に辰野南小学校の生徒たちが、富士山グランド隣接の学校林で、みどりの少年団活動の一環として、木曽五木、モミジ、ツツジの植樹と昨年度植えた木の周囲の下草刈りを行いました。

作業に取り組む前の始まりの会です。梅雨の合間ですが、好天に恵まれ、風もさわやかでした。

校長先生のお話です。後ろの旗は「みどりの少年団の団旗」です。

この後、生徒全員で「みどりの少年団団結宣言」をしました。

学校林に移動し、木を植える作業に取り掛かります。

地元のボランティアの方が、植える木の説明、植え方を生徒たちに丁寧に説明しました。

各班の生徒の代表が、木曽五木の苗木の植栽を行いました。

3人から4人が一組になり、木が植えられるようスコップで穴を掘ります。

苗木を穴において、土を埋め戻し、足で踏み固めて植栽は完了です。

生徒たちの活動により、用意した木を全て植えることができました。

今後のみどりの少年団の活動として、秋に植えた木の周囲の下草刈りをする予定です。

このブログのトップへ