い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 伊那西小学校で恒例のシイタケ植菌作業

伊那西小学校で恒例のシイタケ植菌作業

(「苗木のスクールステイ」のその後)

平成27年4月17日(金)、伊那市の伊那西小学校でシイタケ植菌作業が行われました。

毎年恒例の、この作業。まず、2時間目に5年生9名が原木の穴あけ作業を行い、その後、3時間目に全校児童68名でみどりの少年団結団式を行なって、それにあわせて植菌作業を行ないました。

270424inanisi1

穴あけ作業では、上伊那地方事務所 林務課の職員が原木への穴の位置決めとドリルの使い方を指導。

 
270424inanisi2

原木(コナラ、クヌギ)に、チョークで穴の位置に印をします。

 
270424inanisi3

ドリルをしっかり握って、原木を押さえてもらいながら穴を開けます。時間が経つとともにドリルの取扱いにも慣れてきて、順調に作業が終了。

 
270424inanisi4

次に、6年生が主体となって行なわれた、今年度のみどりの少年団の結団式。

 
270424inanisi5

その後、1年生から6年生まで縦割りでグループをつくり、駒打ち作業を行ないました。

 
270424inanisi6

上級生が下級生の面倒を見ながらの作業、微笑ましい光景です

本年度はあいにくの雨だったため、体育館での作業となりましたが、準備から片づけまでみんなで協力しながら作業ができました。

 
最後に、第67回全国植樹祭に向けた苗木のスクールステイで、昨年種まきしたドングリ(クヌギ)のその後をレポートします。
schoolstay7

1 2

このブログのトップへ