い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 大きな古時計に癒されて~登内時計記念博物館

大きな古時計に癒されて~登内時計記念博物館

上伊那地域魅力発掘探検隊のT.Oです。

伊那市にある登内時計記念博物館に行ってきました。トノウチって読むんです。
道路を通るたびに看板をみて場所は知っていたのですが、訪れてビックリ、スゴイです。
木立の中に建っています。5月頃はシャクナゲに囲まれて、それはそれはすばらしいらしいですよ。
玄関
博物館に入ると、なんとこんなところがあったのか・・・・
ホール
まず最初に、ラウンジに案内されて、ディスクオルゴール(18世紀末ドイツ製)に「この1ペニー硬貨を入れてください。」と言われ、硬貨を投入すると、民謡「大きな古時計」の音楽が流れてきました。静かな館内の時間の流れが止まったような・・・癒されました。
古時計
この博物館には300点ほど展示されているそうです。所蔵は600点くらいあるらしいです。
その中でもっとも古いのが、今から300年ほど前のこの時計だそうです。
1番古い時計
日本の時計も、江戸時代のものがおもしろかったです。江戸時代って、一刻(いっとき)の長さが昼夜、季節によって異なっていたなんて知らなかったなあ。(知らなかったのは私だけかもしれませんが、不定時法と言って、日の出と日の入りに合せて文字盤を設定するのだそうです。)
真ん中の玉が動いて針を動かすピタゴラスイッチのような時計
ピタゴラス時計
とってもユニークなからくり時計
からくり時計1

アップにすると、こんな人形が並んでいて、定時になると踊りだします。
からくり時計2
そして、この博物館の目玉ともいうべき、世界的な逸品が並びます。
世界に20個しかないBreguet(ブルゲ)のシンパティック時計。右下の腕時計を、置時計の上にセットすると、腕時計の時刻合わせができるという 超レアものです。
ブレゲ時計
そして、そして世界に1つしかない時計
世界に1個時計
Jaquet-Droz(ジャケ・ドロー)製のハミングバード。

かのマリアントワネットやナポレオンが愛用した時計の技術がそそがれています。
ハミングバードCIMG0153
ステキなトキを過ごすことができました。

このブログのトップへ