い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 上伊那育ちの特産品!小麦 「ハナマンテン」(ラーメン編2)

上伊那育ちの特産品!小麦 「ハナマンテン」(ラーメン編2)

魅力発掘探検隊の樋熊です。

前回衝撃の事実が発覚した小麦「ハナマンテン」・・・
今後はタイトルを変えて更新を行っていきますので、よろしくお願いします。

今回は、前々回の「美味処すずしろ」さんのうどんに引き続き、伊那市内で提供されているハナマンテンを使った麺料理をご紹介します。
(「ハナマンテン」って?という方はこちらの記事をご覧ください)

今回伺ったのは初回に御紹介した「麺屋二八」さんの姉妹店、「中華そば山本」さんです。



写真は「中華そば 山本」さんの外観
ニシザワショッパーズ春近食彩館さん内に店舗が併設されています。

「中華そば山本」さんにはおいしそうなラーメンがいくつもありますが、その中の「伊那庭そば」、「伊那庭つけそば」に「ハナマンテン」の麺が使われています。


写真は「中華そば山本」さんのメニュー
メニュー中程の「伊那庭つけそば」「伊那庭そば」に「ハナマンテン」の麺が使われています

今回は「伊那庭そば」をいただきました。
麺は平打ち麺でスープは魚介系の和風スープ。具材はチャーシューや煮卵などの定番のもののほか、細切りの海苔、かまぼこ、なめこなどおそばの具のようなものも乗っていて、具材も和風な雰囲気です。
麺はつるつるシコシコのハナマンテンらしさを感じる麺で、和風のスープとよく合い、どんどんと箸が進んでしまいました。具材も和風のスープとよく合い、特に甘い味付けのなめこがアクセントとなって、スープの最後の一滴まで残らずおいしく頂きました。




写真上は「伊那庭そば」
写真中央は麺の様子
写真下は完食後のどんぶり
かなりの平打ち麺でしたが、しっかりとしたコシ、のど越しでとてもおいしいラーメンでした。

伊那市にはまだまだハナマンテンを使った麺料理を提供されているお店があります。
次回は伊那市を走る中央自動車道小黒PA下り線にある「白樺亭」さんをご紹介します。

<前回までにご紹介したお店>
「麺屋二八」
「美味処すずしろ」

1 2

このブログのトップへ