い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 魅力満載のローカル線!!飯田線~飯島町編「七久保駅」

魅力満載のローカル線!!飯田線~飯島町編「七久保駅」

探検隊のOTです。

今回は、飯島町にある七久保駅を紹介します。

3nanakubo3nanakubo2

<七久保駅基本データ>

・無人駅

・ホーム 2面3線

・標高 695m

・開業 大正7年7月

・1日平均乗車人数 199人(平成25年度)

駅には、駅舎とホーム内にトイレがあります。雄大な中央アルプスをバックに望める駅です。

3nanakubo273nanakubo26

3nanakubo73nanakubo24

(上の写真)ホームに下りると、南アルプスも望むこともできます。

七久保駅(伊那本郷駅寄り)横には、平成8年3月まで、日本石油伊那油槽所に至る分岐線があり、貨物列車が通っていました。

現在は、タンクなども撤去され、資材置場となっています。

3nanakubo22

3nanakubo201iijima10

駅前には旅館のほか、駅横には、地元の人たちが運営する蕎麦屋(営業時間11:30~13:30)さんがあります。

駅の両横にある踏切は、6月17日、国土交通省が通学路対策として改良が必要と公表した新田第1踏切と荒田第1踏切があります。踏切が狭く、歩行者通路分の分離ができていません。

3nanakubo83nanakubo9

3nanakubo1

前回紹介の高遠原駅から上がってきた列車は、七久保駅手前で視界が開け、中央アルプスを望むことができます。

3nanakubo6

下の写真は七久保駅を過ぎ、荒田第1踏切を過ぎるところです。電車は下り勾配となります。

3nanakubo10

1 2

このブログのトップへ