い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 『上伊那農業の底力』 地域農業を支える偉大な功労者【その2】

『上伊那農業の底力』 地域農業を支える偉大な功労者【その2】

 桃澤さんは昭和40年代前半に、伊那市ますみヶ丘において、乳牛8頭より
酪農を始められ現在、乳牛約70頭まで規模拡大されています。


 
 
 
 
 桃澤さんの農場前では飼料作物の優良品種を試作中!

 桃澤さんの酪農経営における最大の特徴は、伊那市西部地区の広大な
農地を活用したトウモロコシ等のエサづくりです。

 周辺の酪農家で「ますみヶ丘フォルト組合」を設立し、北海道並みの大型
飼料生産用機械によるエサづくり共同化は、上伊那の酪農業発展に大い
に貢献されました。


 大型機械による飼料用トウモロコシの収穫作業

 農事組合法人田原は、平成23年度からの3ケ年かけ、地域と一緒になって
17haもの、耕作放棄地を農地として再生したのが最大の特徴で、再生後の
農地を同法人が一括借り上げ、麦や白ネギを栽培し、出荷調整施設を整備
等し、地元住民に安定した雇用を創出するなど地域農業の発展に大きく
貢されました。


 田原地区上段にある再生前の荒廃農地


 田原地区上段の再生後の農地(ネギの作付最中)

1 2 3

このブログのトップへ