じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 地域の食材を活かしたこだわりのお店

地域の食材を活かしたこだわりのお店

商工観光課のTです。

皆さんご存知かもしれませんが、この上小地域は全国でも有数の晴天率を誇ります。
そして、長野県は全国有数の果物王国。

この「果物」と「晴天」という地域の資源をうまく活かしてあるものを作っているお店の紹介します。

ご紹介するのは上田市にある(有)玉井フルーツ店です。


フルーツ店といっても、扱っているのはそのままのフルーツではありません。
乾燥させたドライフルーツです。

お店ではいろんなフルーツをドライフルーツにしています。
お店の様子はこんな感じ。

社長の町田和幸さんに玉井フルーツ店とドライフルーツの魅力を聞いてみます。

本日はよろしくお願いします。
それでは、まず、何故ここ上田でドライフルーツの専門店を始めようと思ったのですか?

社長)信州はいろんな果物が取れる果物王国ですよね。
   その中でも上田は全国でも晴天率が高く乾燥した気候でドライフルーツ
   作りにはとても適しています。
   豊富な果物と恵まれた自然環境を活かして、最高のドライフルーツを
   作ろうというのがきっかけです。

豊富な果物ということは、やはり使っている果物は長野県産ですか?

社長)信州産にはこだわっています。
   出来るだけ近隣(上田近辺)でとれた果物を使っています。
   信州の最高の果物を、しかも作っている人の顔も見えれば安心して
   最高のドライフルーツが作れますから。

1 2 3

このブログのトップへ