じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > ずっと行きたかったお店 その1 アルファストア      上田市海野町商店街40

ずっと行きたかったお店 その1 アルファストア      上田市海野町商店街40

こんにちは。

商工観光課のKです。

ずっと行きたかったお店シリーズ第1弾。

(すみません。急に始まったこのシリーズですが、筆者の都合で突然終わりになるかもしれませんあらかじめ…)

ずっと行きたかった店シリーズ第1弾として、今回ご紹介しますのは、上田市海野町商店街にある婦人靴とバッグの専門店「アルファストア」です。(正式名称はAlfa Storeを筆記体で書いたものですが、本日はアルファストアと記載させていただきます。)

CIMG8639CIMG8643

お店の前にさりげなく止めてある自転車がとっても素敵です。この自転車もお店のオブジェの一つなんです。

CIMG8640

アルファストアはレディース用の靴とバッグの専門店です。

今のお店、名前になったのは平成12年(2000年)からですが、その以前から…そう昭和30年代の後半から違う名前で靴を扱うお店だったそうです。

もう50年以上も海野町商店街で靴屋さんを営んでいるということです。

昭和30年代~今の社長さんに引き継ぐまで、お店を経営していたのが現在、アルファストアの会長さんです。

現在のアルファストアの社長さんは、その会長さんのお孫さんにあたります。(ちなみに会長さんも社長さんも男性です。)

会長さんは90歳を過ぎた今でもお元気でお店番をされます。素晴らしいことですね。

昔からお店をご利用されているお客様が時を経て、今もその娘さん、そしてお孫さんが来店されることもあるというこです。

また、高齢になった昔からのお客様も「もうパンプスは履けないかな?でも軽いバッグが欲しいわ」などとお店に訪れることもあるということで(お元気なエピソードに心が和みますね)世代を越えて多くのお客様に愛されているお店なんです。

※パンプスとは、履き口が大きく開き、紐や留め具がなく、足を滑らせるようにして履く婦人靴の総称。

(そんな昔からのお客様の来店時は、会長さんが対応されます。懐かしいお話に花が咲くのでしょうね。)

CIMG9062

今回の訪問時は、アルファストア社長の田中さんにお話をお聞きしました。

「本日は、よろしくお願いします。まず、これから初めて来店するお客様にメッセージをお願いできますか。」

「はい。靴について、相談ごとがあれば何でも気軽にお問い合わせいただければと思います。」

(社長を(お店の前に自転車がありますからね)私Kを表示します。)

「履きやすさを求めるか、それとも見た目の良さか…それぞれのお客様のニーズにお応えしています。

1 2 3 4

このブログのトップへ