じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 地域の食材を活かしたこだわりのお店

地域の食材を活かしたこだわりのお店

ドライフルーツ作りでのこだわりを教えて下さい
社長)まず、厳選された信州産のフルーツの旬の時期を逃さないことに
   こだわっています。
   それと、食品添加物は一切使用しない技術も強みです。
   美味しく安全なドライフルーツを作る為には手間は惜しみません。
   あと、旬な果物だけどまだドライフルーツになってない果物を、
   なんとか商品にしようといつも試行錯誤しています。
   だけど、これはと思うのはなかなか難しいですね。

どういった点が難しいですか?
社長)思ったような味にならなかったり、美味しく出来ても、
   量産がむずかしかったり、そういったところがやっぱりありますね。

ドライフルーツの魅力を教えて下さい
社長)地域でとれた果物、そして上田という地域性を使った、
   この地域でしか作れないものがドライフルーツなんです。
   そういった、ここでしか作れないものを作るところが魅力ですね。

玉井フルーツ店の今後の展望を教えて下さい
社長)ドライフルーツを作っている時にどうしても果汁が出て、これをシロップ
   にして試験販売しているんだけど、今後はこれも展開していきたいね~
   あと、海外にもこのドライフルーツを売りだして行きたいね~

社長にとってドライフルーツとは
社長)地域の可能性(ゆめ)だね~。
   ドライフルーツはうちだけでは出来ないんだ。地域でおいしい果物を作って、
   それをうちが美味しいドライフルーツにする。
   それをいろんな地域のいろんな人に楽しんでもらう。
   ドライフルーツはそうやってどんどん地域の可能性(ゆめ)を
   広げていける物だと思ってます。

1 2 3

このブログのトップへ