じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 今年は野沢菜をみつけたよ~!就労支援センター サディーゴでみ~っけ!

今年は野沢菜をみつけたよ~!就労支援センター サディーゴでみ~っけ!

こんにちは。昨年は、とうとう野沢菜が手に入らず、漬けるのをあきらめた上田地域振興局総務管理課Kです。

求む! 野沢菜 4kg!(出来たら葉っぱは落とさないで)

 

今年は入手できました。わ~いわい!

この立派な看板を見てください。《販売研修センター サディーゴ》

偶然通りかかって、建物の前に出ていた野沢菜を発見!2年ぶりの野沢菜(生)です。

 

上田市中之条にある集荷所の建物を利用して、販売研修を行っているそうです。

この日は野沢菜のほかに、お米(新米)、大根、玉ねぎ、シクラメン、りんごなどが並んでいました。

「サディーゴ」は就労支援センターの名前であり、障がいを持つ利用者さんが農作物を販売する研修センターの名前でもあるようです。

お話を聞くと、利用者さんが作ったお米や利用者さんが除草作業をした畑で採れたレタス、サディーゴを応援する方の作られた農作物などを販売していらっしゃるとのこと。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で売れ行きの厳しいものを、こちらでお預かりして、販売していることもあるそうです。

支えあっている感じがして、いいなって思いました。

 

さて、その日、その販売研修センター サディーゴには、2kgの野沢菜が何束かあり、私は3束購入しました。

利用者さんが、どれがいいか選んでくださいました。

ニコニコ、はきはき、頼りになります。また行きたいなって思いました。

今年は野沢菜漬けのレポートもお届けできそう・・・かな?!

一般社団法人 サディーゴ・就労継続支援B型 サディーゴ

上田市中之344-12 ハイツキャッチャーフライ102号

0268-75-7254

相談受付時間 10:00~16:00(火曜・木曜・祝日は休み)

↓ 下の地図は、販売研修センターです。定休日は火曜日と木曜日だそうです。

このブログのトップへ