じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 文化 > 水と巡る旅日記「オーナーだけの特典!棚田米でつくる絶品純米吟醸の直汲み会」

水と巡る旅日記「オーナーだけの特典!棚田米でつくる絶品純米吟醸の直汲み会」

こんにちは!水ノ恵@農地整備課です。

3月23日に行われた「稲倉の棚田酒米オーナーだけが参加できる「生酒直汲み瓶詰会」に参加しました。稲倉の棚田のオーナーになって育てた酒米「ひとごこち」で仕込んだ新酒がいよいよお披露目。ワクワクしながら、上田市の岡崎酒造さんに向かいました!(^^)! 岡崎酒造さんは、上田駅近く、昔の宿場町の趣を色濃く残す柳町にある酒蔵で、全国でも数少ない女性杜氏が、信州の自然と素材を大切にした酒造りで評価の高い「信州亀齢」を醸造しています。そして、稲倉の棚田では、自ら酒米づくりするなど、保全活動に積極的に参加されているんです。

岡崎酒造さんに着くと稲倉の棚田保全委員会の方がお出迎え。本日はよろしくお願いします

酒蔵に入り、直汲みのやり方や注意事項など説明を聞きφ(..)メモメモ、さっそく瓶詰作業開始です。新酒の華やか~な香りが酒蔵いっぱいに広がって*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*ウキウキ♡楽しく作業ができました。それでは、当日の作業の様子を写真でご紹介します。

まずは汲んだお酒を酒米オーナー限定!!桜が描かれた特製4合瓶に詰めていきます

多めに入れても・・・残念「酒税法厳守」720mlぴったりにスポイトで調整(;^ω^)

瓶詰が終わると打栓機で封をします

作業の合間のお楽しみ♡汲んだ新酒と他のお酒の味比べ

1 2

このブログのトップへ