じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 水と巡る旅日記「えっ!! 棚田でキャンプ(・・?」後編

水と巡る旅日記「えっ!! 棚田でキャンプ(・・?」後編

稲倉の棚田“で行われた「棚田CAMP」今回は当日の様子を水ト巡@農地整備課がレポートします。

この「棚田CAMP」 稲倉の棚田ならではのイベントが盛りだくさん!!

まずは稲倉の棚田保全委員会の皆様がサポートする棚田米の餅つきからスタートです。あんこ、きな粉、そして うえだみどり大根がまぶされて見た目も美しい!!このお餅メチャクチャおいしいんです。ついつい写真とるの忘れて夢中で食べてしまいました(;^ω^)

続いて耕運機の田起こし体験です。これも稲倉の棚田保全委員会の皆様が丁寧に教えてくれるので子供でも大丈夫です。

また、地元産の野菜やりんご、わら細工なども販売されていますので、夕食にちょっと一品加えたり、お土産を買ったりといった楽しみもあり、時間がいくらあっても足りません。

そして、夕方になると蛍火が点火され、棚田は徐々に幻想的な雰囲気になっていきます。この蛍火、毎年7月に蛍火まつりが開催されるのですが、去年も今年も雨で中止、ようやくみられて感激しました。

ペットボトルの中のロウソクがゆらゆらと燃えていてとても美しい

この頃になるとあちこちでいい匂いがしてきます。昼間は暑いくらいですが、やはり信州稲倉の秋、夜になるとヒンヤリ。暖かい食事がとてもおいしく感じます。

食事が終わるとキャンプファイヤー!! 参加者、スタッフ一緒になって盛り上がりました。

そして、まもなくおやすみの時間、ランタンや蛍火のゆらゆら揺れる火でお酒を飲む人、天体望遠鏡で星を見る人・・・皆さん思い思いの時間を楽しみます。

よく一緒にキャンプをされるという東京からお越しの仲良し2家族は「子供たちもすごく楽しんでいます。ここじゃないとできないキャンプがあるので、是非春も来たい!!」とおっしゃっていました。

稲倉の棚田は他にも年間通じて楽しいイベント満載です。ぜひ皆さまお越しください。

さて、この楽しいイベント次回は来年の春4月13日~14日に予定されているそうです。イベントを企画運営している棚田フューチャーズのFacebookと棚田キャンプのホームページで要チェックです!!

棚田フューチャーズFacebook    棚田キャンプホームページ

このブログのトップへ