北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 自動車部品の再生販売事業を行う先駆的企業を訪問!

自動車部品の再生販売事業を行う先駆的企業を訪問!

北アルプス地域振興局です。

 

大町市には、寿命を終えた自動車部品を新品同様の状態に再生し、国内外へ販売している先駆的な企業があります。

その名は、信越電装株式会社です。

 

北アルプス地域の産業を理解するために、大町市職員の方とともにお邪魔させていただきました。(本社工場:会社HPより引用)

最初に総務課長さんから、会社の概要についてご説明いただきました。

1967年(昭和42年)の創業以来、約50年間、この再生事業に取り組んでいること、

再生している主な自動車部品とは、発電装置である「オルタネーター」(次の写真は再生後のもの:会社HPより引用)、エンジンを始動させる「スターター」、エアコンに使われる「コンプレッサー」、進行方向を変えるステアリングにパワーを供給する「パワーステアリングポンプ」の4種類であること、

国内外から寿命の終えた部品をたくさん集め、全てのボルトやナットに至るまで手作業で完全に分解・洗浄し、消耗品や不具合部分を新品部品と交換して厳しい検査を重ねた上で、再生品として「SHINE(シャイン)」というブランド名で国内外に出荷していること、などをお伺いしました。

 

 

次に、生産工程の流れに沿って、副社長さんと総務課長さんのご案内で工場見学をさせていただきました。

工場見学では最初に、原材料の在庫をご案内いただきました。

国内外の自動車メーカーや修理工場から毎日届く即日納品などの数多くの注文に応えるため、原材料となる寿命を終えた自動車部品について多くの種類・個数を集める必要があること、集めた部品の迅速・正確な受入検査と種類ごとの仕分け、また、システムによる在庫の適正管理が大変重要であること、などのお話しをお伺いしました。

 

次に、受入検査/仕分け、分解、洗浄/表面処理、塗装、下加工/組立、品質保証、梱包、発送までの各生産工程をご案内いただきました。

多くの種類の部品を扱うため、自社専用に開発された設備を駆使して、社員の皆さんが地道な手作業により、迅速・丁寧に、寿命を終えた部品を新品同様の部品に再生していく様子を見学することができました。

 

見学を終えて、北アルプスの美しい豊かな自然環境の中で、地球環境への配慮につながる自動車部品の再生販売事業に尽力されている、素晴らしい企業があることを認識しました。

1 2

このブログのトップへ