南信州お散歩日和 広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

南信州お散歩日和

広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 高原の味みはらしの焼とうもろこし

高原の味みはらしの焼とうもろこし

国道153号線の飯田市から平谷村へ向かう途中、阿智村の浪合トンネルの手前に「高原の味 みはらし」があります。「直売 とうもろこし」の白い看板が目印です。 

お店の中でとうもろこしを焼いています。
焼いているのは、ゆめのコーンとピュアホワイトという品種です。
時期によって焼とうもろこしの品種が変わります。

焼とうもろこし1本250円です。外のテーブルでいただきました。
焼き立ては甘くて香ばしくておいしかったです。
浪合のとうもろこしが甘いのは、標高1,200mで夏でも昼夜の温度差が15°以上もあり、しかも1本の幹に1つだけ実をつけさせるためだとか。

お店の中は農産物直売所になっていて、とうもろこしの他にトマト、ブルーベリー、みょうがなどを売っていました。

ゆめのコーンが1つの袋に10本入って1,700円。値段は品種と収穫の状況によって変わるそうです。

高原の味 みはらし
〒395-0501 長野県阿智村浪合荒谷1139-1
TEL 0265-47-2504
営業期間 7月の初めから11月まで 
とうもろこしの販売期間 7月20日から10月ごろ
(とうもろこしがなくなるまで)
営業時間 9:00~17:00
定休日なし



〈農地整備課〉






LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE