「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 南相木村小学校の5年生と下刈りをやりました!

南相木村小学校の5年生と下刈りをやりました!

林務課のサニーです!\(^o^)/

7月12日に南相木村小学校の5年生と村有林の下刈りをしたので、その様子を報告します!

 

『サニーさん! 朝、8時に南相木村役場で!』

『はい!わかりました!』

そうなんです、今回の下刈り体験の先生は私なんです!

元気に返事をしたのですけれども。

上田市出身のサニー、南相木の役場に8時に着くには・・・

自宅発6時・・

いやいや、頑張りますよ!かわいい子供たちに会いにいざ出発!

 

子供たちは前日からキャンプ、ダムを歩いてまわったり南相木村の自然を満喫していました。

今日は一緒に下刈りを体験します。

下刈りは、植栽した苗を大きく育てるための大切な作業。

昨年植栽したカラマツの周りの草を刈ります。

南相木村でも、一昨年から村有林で主伐が始まりました。

成熟してきたカラマツの材を伐採し、利用する時期に入ったのです。

植えて、育てて、伐って、また植える。

そんな林業の大きなサイクルを体験してほしい。

南相木村からの依頼でした。

 

『おはようございます!』『よろしくお願いします!』

元気にあいさつしてくれたのは南相木村小学校の5年生9名!

みんな、ここに生えている大きな木の名前しってる?・・・

ヒノキ? ブブー!

スギ? ブブー!

え~?わからない。わかった、マツ?マツタケの?

う~ん、おしい。アカマツじゃないんだよ。

 

佐久管内はどこを見てもカラマツばかりのはず。

5月のさわやかな新緑は、すがすがしい気持ちにしてくれますし、

秋には紅葉して、山中を金色に染めてくれます。めずらしい落葉針葉樹です。

 

身近なようで、距離があるのだな・・・

子供たちと話をするとき、最初にいつもこの質問をしているサニー、

もっと知ってもらいたいな。伝えていかなくてはいけないな・・といつも感じます。

 

ここにある、おおきなカラマツ、こんなに大きくなったから伐って使い始めたんだよ。

でね、そこに去年、あかちゃんのカラマツを植えました。どこに生えているかわかる?

『草がすごいね!』『とげのある草がたくさん生えていて見えない』

カラマツはすごく太陽の光が好きなの。草を刈って赤ちゃんのカラマツを大きくしてあげたいんだけど

手伝ってくれる?

『は~い、カラマツ以外の草を伐ればいいんだね』

 

かまの使い方、振り回さないこと、暑いからこまめに水分をとることなどを話して下刈りをはじめました。

CIMG6030 IMG_4634
ちょっと、ちょっと待って!振り回しちゃだめよ?

刈る草は手で持って、かまを地面と平行に引くの・・・大丈夫?もしかして、使ったことないのかな。

どうも、あぶなっかしい(笑)担任の先生も、『稲刈り・・心配です』とおっしゃっていましたが。

それでもだんだんと慣れて、赤ちゃんカラマツが見え始めたころ

『あっ!村長さんだ~!』『村長さ~ん!、こっちだよ!』

中島村長が様子を見にきてくれました。そして、かまの使い方を一緒に指導してくれました(笑)

約1時間、途中で水分を取りながら『カラマツ救出作戦』と子供たちが名づけてくれた下刈り、頑張りました。

 

次は木陰で写真たて作り。

白樺の枝に切り込みを入れて、今日の記念写真を飾ります。

木工ボンドで木の実を貼り付け、個性的な写真立てができました!!

013014016
最後はみんなで救出したカラマツ?と一緒に記念撮影

RIMG0652
おつかれさまでした。

 

 

絶対、あそこのカラマツはおっきくなるよね~

ほっとけば山になるわけじゃないね。

写真かざるの楽しみ!

いろんな感想を話してくれました。

みんなが、60歳になったら、となりの大きなカラマツと同い年(笑)

役場の係長さんがつぶやいていました。

もっと、子供たちを山に連れて行ってあげたい。

バスに乗りこむ子供たちの背中をみながら、そう思いました。

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ