「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久の企業 > ふわふわぷるぷるのこんにゃくスポンジ。名花株式会社

ふわふわぷるぷるのこんにゃくスポンジ。名花株式会社

海外からも注目を集めている“こんにゃくスポンジ”をご存知でしょうか。特殊な製法で製造されるふわふわぷるぷるのスポンジで、原材料にもこだわったスキンケアグッズです。この商品を製造しているのは、佐久市にある名花株式会社。「よくお花屋さんですか?と聞かれます」と笑顔で話すのは代表の木村繁則(きむらしげのり)さん。

佐久の自然環境を最大限に生かして、お客様が喜んでくれるような商品を開発するために研究を重ねてきました。そんな名花株式会社をもっと深く知るべく、代表取締役の木村繁則さんにお話をお聞きしました。

01社長写真
名花株式会社で代表取締役を務める木村繁則さん

 

- 主力製品としてスキンケアグッズである“こんにゃくスポンジ”を製造されているとお聞きしました。こんにゃくスポンジについて、教えてください。

こんにゃくスポンジとは、こんにゃく繊維から作る天然のスポンジです。自社ブランドで名花のひつじ雲「しろまる」と「くろまる」を展開しており、天然のこんにゃく繊維100パーセントで製造しています。はじめはカチカチですが、お湯に浸すと、こんにゃくに豊富に含まれる繊維が水分を含んで膨らみ、ふわふわぷるぷるのスポンジになります。たっぷりと含まれた水分がバリアとなってスポンジ表面を覆い、繊維と肌が直接触れるのを防ぎ、やさしくすっきり洗い上げます。年齢や肌質を選ばず、どなたにでもお使いいただける商品です。

02名花ブランド商品
自社ブランドで展開するしろまる(写真左)とくろまる(写真右)

 

- ぷるぷるでとても肌触りが良いですね。こんにゃくスポンジを作るようになったきっかけを教えてください。

20年ほど前、私は石けんの製造・販売を手掛ける「ねば塾」で働いていました。ある時、お客様から「石けんは良いが何で洗えばよいのだろう?」という相談を受けました。詳しくお話を聞くと、その方は敏感肌で化繊のタオルやスポンジが使えずに手で洗っているとのことでした。

色々と文献を紐解くうちに、昔赤ちゃんの産湯に使われていたというスポンジ状のこんにゃくがあることを知りました。「赤ちゃんの産湯に使われるくらいならばお肌にもやさしいだろう」、さらに、調べていくと佐久の名産「凍み豆腐」と作り方が同じだということも分かりました。こんにゃくは佐久のお隣、群馬県下仁田が日本一の産地で、原材料の調達がしやすいです。

このように、様々な条件が揃っていたことからこんにゃくスポンジの生産を始めることになりました。

 

- 赤ちゃんの産湯に使われていたのですね!凍み豆腐と作り方が同じということにも驚きました。

文献によると、江戸時代、凍みこんにゃくはたまたま冬季にこんにゃくを凍らせてしまったことに始まります。初めは噛み応えのある食感を楽しむ食用として広まり、やがてそのスポンジ状の肌ざわりの良さから赤ちゃんの産湯に使われるようになったのです。

佐久地方の冬はとても厳しく、最低気温は氷点下10度を下回ることもしばしばです。しかし、降雪は少なく晴天率が非常に高いのが特徴です。加えて、八ヶ岳や浅間山から湧き出る天然水などの恵まれた自然環境や寒暖の差がこんにゃくスポンジの製造に適しているのです。

 

- 製品化に至るまで長い間研究されたのではないでしょうか。

はい。名花ブランドを立ち上げる前、凍み豆腐をならい冬季に屋外で自然を利用した製品づくりを試みていました。しかし、品質の安定性、生産性は極めて低く、趣味の域を超えることはできませんでした。といいますのも、冬場に外で凍らせ解凍、また凍らせ解凍を繰り返しこんにゃくの水分を抜き、寒風にさらし乾燥させます。自然相手のこの方法は冬場にしか生産することができず、天候に左右され品質を保つことが困難だったのです。

そこで、1年中理想の条件を工業的に再現できないか研究を重ねました。

具体的には、凍みこんにゃくが美容グッズとしての肌ざわりが生まれる自然条件やこんにゃくがスポンジ状になる気温、日照時間、風速などの自然条件、また、スポンジとなるこんにゃくそのものの作り方などです。

また、企業秘密ですので詳しくはお伝えできませんが、こんにゃくはグルコマンナン以外ほとんど水です。その水をいかに均一に適した大きさの粒状に凍らせるか。グルコマンナンをいかに細かな繊維状にするかという工夫を凝らしました。イメージ的には、冬季自然に出来る霜柱の大きさを自在にコントロールする様子でしょうか。

「自然条件を再現すること」、「手作りにこだわり機械化は最小限に」をテーマに研究し、失敗を繰り返し、試行錯誤しながら現在のお湯戻りの良いふかふかの、こんにゃくスポンジを作ることに成功したのです。

 

こんにゃくスポンジの製造工程

03下仁田産こんにゃく粉
群馬県下仁田産のこんにゃく粉

04撹拌機で蒟蒻を練る
撹拌機(かくはんき)でこんにゃくを練り上げる

05蒟蒻を型に流し込む
こんにゃくを専用の型に流し込む

06型を洗う洗浄機
型を洗う洗浄機

07ボイル前の蒟蒻
ボイルする前のこんにゃく

08ボイル工程
ボイルに関係する機械設備

09茹で上がった蒟蒻
茹で上がったぷるぷるのこんにゃく

10大型特殊冷凍庫
こんにゃくを冷凍する大型の特殊冷凍庫

11解凍した乾燥前の蒟蒻スポンジ
解凍した乾燥前のこんにゃくスポンジ

12乾燥棚に並べ乾燥させる
こんにゃくを乾燥棚に並べて乾燥させる

13柔らかい肌ざわり
柔らかい肌触りのこんにゃくスポンジの完成

 

- そうだったのですね!グルコマンナンとは何でしょうか。

こんにゃくはサトイモ科の植物で、その球茎から製造され主に食用に加工されています。グルコマンナンは、グルコースとマンノースが2:3の比率で直鎖状に結合した水溶性の多糖類の一種で、コンニャクマンナンとも呼ばれています。

少し比較すると、同じ食物繊維である寒天は、海藻類でアガロースを中心とした水溶性多糖類です。寒天は名前の通り冬季に心太(ところてん)を寒風にさらし凍結乾燥させ作られていたことによります。これは凍みこんにゃく(こんにゃくスポンジ)と同じ製法です。

しかし、アルカリで凝固したこんにゃく(食用蒟蒻)は一旦固まると茹でても、凍らせても溶けることはありません。これが、ゼラチンや寒天と大きな違いです。 こんにゃくの水溶性多糖類はアルカリで不水溶性になるのです。しかし、すべてが不水溶性になるわけでなくわずかに溶け出す成分もあるようです。これがこんにゃくスポンジで洗顔したときに、こんにゃく繊維の水の膜と共にお肌を守る役割をします。

お肌のしくみや正しいスキンケアについてなど、詳しくは名花株式会社ホームページに記載しておりますので、興味がありましたら是非ホームページを覗いてみてください。

 

- 「名花」という名前に込められた思いを教えてください。

名花には、名高い花、有名な花という意味のほかに、美しい人、美人の代名詞というのがあります。製品を通じて美容、健康にお役に立ちたいという思いが込められています。

 

そのような意味があったのですね。名花ブランドを構築する上で、大切にしていることを教えてください。

自然の素材を用いて、一律に工業化しない製品づくりを心がけております。また、お客様のニーズに応えられるように、大規模一貫生産ではなく、多種多品の生産体制を整えています。そして、何よりもお客様が喜んでくださるのが一番です。すべての作業が製品の品質に関わるということを常に注意して全員が作業に取り組んでいます。

 

最近では、口コミが海を越えて、海外からも探し求めてお越しになる方がいらっしゃるそうですね。

はい。まだ積極的に宣伝をしていない中、なぜ海外からお客様が来るのか不思議に思っていました。ある時、理由をお尋ねしてみたところ、友人が日本のお土産で買ってきてくれて、また欲しくなったとのことでした。無添加製品ですので、ご使用から3週間から1ヶ月くらいがお取り換えの目安です。また、ご使用後は水気を切って風通しの良いところに干すか、タッパーにいれて冷蔵庫で保管していただく必要があります。それにもかかわらず、このようにリピーターになってくださる方も多くいらっしゃいます。嬉しいことです。

また、海外にはこんにゃくを食べる文化がありません。こんにゃくとは何かという説明が必要になります。珍しいということもあるのでしょうが、自然素材を使用して作った製品であることを説明すると、自然志向が高まっているため、受け入れられやすいです。商品は、ネットや店頭で販売しています。店頭販売は、佐久市を中心にヘルシーテラスやみはらしの湯、プラザ佐久などで取り扱っていただいております。

 

改めて、商品のPRをお願いします。

こんにゃくスポンジにニキビや肌荒れを直接治癒する効果はありません。しかし、こんにゃくで出来た天然マンナン繊維のこんにゃくスポンジは正しく使うことでお肌を傷つけることなくお肌をツルツル、スベスベにしてくれます。 お肌の持つ自然治癒力(新陳代謝)を邪魔せず本来のみずみずしい潤いのある艶やかなお肌へ。ぜひお役立てください。先程、少し歴史をお話ししましたが、こんにゃくスポンジは、理屈があってできたものではありません。赤ちゃんの産湯のように、実際に使われてきて良いものなので現代にも残っています。言葉では表現しにくいところがありますので、まずは使ってみてください。

 

- 地域の特色ある原料を配合することが可能とのことですが、印象に残っている事案は何でしょうか。また、開発にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

シルクを配合した製品が印象に残っています。シルクは肌にやさしい成分でできているため相乗効果が期待できます。理にかなった配合です。しかし、シルクは動物性、こんにゃくは植物性です。配合には、とても苦労しました。

また、開発に関して一概には言えないのですが、例えば、群馬県下仁田産のこんにゃく粉100%使用のこんにゃくスポンジに備長炭パウダーを練り込んだ「くろまる」は、厳密にいえばまだ完成形ではありませんが、開発に1年ほどかかりました。備長炭は10μm(0.01mm)以下の微粉末を使用しており、お肌を傷つけることなくスクラブ効果を発揮します。

一口に備長炭といっても、白炭や黒灰といった種類がありますし、木の材質も異なります。その中から、肌に刺激がないもので量を確保できるものを探す必要がありますので、検証に膨大な時間がかかるのです。完成形ではないというのは、現状の配合物よりも適するものがでてくれば、採用する可能性があるという意味です。

14OEMで生産した製品
OEMで生産した色鮮やかなこんにゃくスポンジ

15備長炭微粉末
10μm(0.01mm)以下に粉砕した備長炭パウダー

 

創業を目指している方へアドバイスをお願いします。

今までのキャリアを活かせる仕事をすることをお勧めします。その方が、確実性があると思います。また、「儲かるだろう」ではなく、「何が好きか」を考えてください。資金繰りなどを気にされる方もいらっしゃいますが、調達方法はあります。何が好きかを考えて、続けられる仕事を選ぶということが非常に大切です。

 

結びに、今後の目標をお願いします。

国内市場にとどまらず、海外の方にも使っていただき、喜んでもらいたいです。また、お客様に喜ばれる製品づくりを日々考えていきたいと思います。こんにゃくスポンジも、日持ちがして使いやすい商品に改良できたらいいですね。

その他にも、スキンケアグッズとして「化粧水」にも力を入れたいと思っています。肌質は、人によって千差万別ですので、色々なタイプを作って多くの方に潤いを感じていただきたいです。

(内容は一部、名花株式会社ホームページから引用・抜粋しています。)

 

(ブログ記事作成|佐久地域振興局 商工観光課 0267-63-3158)

企業名|名花株式会社

住所|長野県佐久市鳴瀬602-16

電話番号|0267-78-3332

ホームページ|こちら!

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ