来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

クララの”引っ越し”行いました

農地整備課の小林です。

 

皆さん、“クララ”という植物をご存じでしょうか。

食べると毒性があり“クラクラ”することから名付けられたようです。

昔の人はこれを利用し、トイレの虫よけに活用したそうです。

 

今回は、この“クララ”を移植するイベントを安曇野市で行いました。

 

移植を行う一番の目的は、“オオルリシジミ”というチョウを保全することにあります。

“オオルリシジミ”は絶滅の危機に瀕しており、長野県と九州の阿蘇地域にしか生息していない希少なチョウです。

 

このチョウの幼虫は、クララのつぼみしか食べないことから、“クララ”を保全することが“オオルリシジミ”を保全することになります。

01 オオルリシジミ008トリミング OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9月30日、烏川地域のほ場整備工事を行う水田に生息している“クララ”を、オオルリシジミ保護区のある国営アルプス公園(堀金・穂高)に移すというイベントです。

 

参加者は約60人。秋晴れの絶好の移植日和。

自然保護協会、地域のNPO等の団体、ほ場整備工事の関係者、安曇野市の職員、地域の高校や一般参加の方に加え、大学の先生や地元教育委員会等の専門家にも協力頂き、作業前には観察会も行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  04 DSCN1085

いよいよ掘取り作業、この辺りは石が多く、予想以上に大変な作業となりました。

05 DSCN1108  06 DSCN1097

掘り取り後は、場所を国営アルプス公園内に移し、移植範囲が広いため3班に分かれ、約100株のクララを植え付けました。

07 DSCN1163  08 DSCN1172

作業後には、国営公園内で“ぬかくどご飯”と豚汁の炊き出し振る舞いがありました。

それを食べながら、参加者による情報交換も行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  10 DSCN1190

1 2

このブログのトップへ