楽園信州

信州の旬情報をお届け!

長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■Shinshuスクリーンショット > Shinshuスクリーンショット 彼のオートバイ、彼女の島1

Shinshuスクリーンショット 彼のオートバイ、彼女の島1

Shinshuスクリーンショット
~観たい!知りたい!めぐりたい!信州ロケ地調査隊~
映画「彼のオートバイ、彼女の島」の舞台をゆく!!(1)
みなさん、こんにちは!楽園信州ナビゲーターのリンダです☆

11月に入り、肌寒さが日々増している今日この頃・・・。
信州の秋はちょっと短い?いやいや、まだ秋を楽しめます!
第6回目のShinshuスクリーンショットは、映画「彼のオートバイ、彼女の島」!

避暑地として全国的に有名な軽井沢ですが、避暑時期以外もオススメです♪
映画に入り込んだ気分で、秋の軽井沢を楽しんでみませんか!
それでは、レッツ・ゴー!



◆「彼のオートバイ、彼女の島」って・・・?
映画「彼のオートバイ、彼女の島」は、1986年に公開され、全編にオートバイが登場しています。当時のライダーから熱い支持を受けたと言われている片岡義男氏のオートバイ小説を原作とした作品です。
音楽大学に通いながら、アルバイトでプレスライダー(報道機関の依頼を受け、オートバイで報道のための物資を輸送する職業)をしている主人公が、初夏の信州で瀬戸内出身の女性と知り合い、二人がオートバイを通して結ばれていくまでを描いた物語です。映画では「白糸の滝」などがロケ地となっています。


<オートバイで秋の信州・軽井沢へGO!>
1980年代、日本はスクーターの普及や高性能なレーサーレプリカの登場などで、空前のオートバイブームが沸き起こりました。
実は最近、その時代のオートバイ愛好家達が、再び熱を上げてきているそうです。
そういえば、信州でもオートバイにまたがって旅するライダーの姿をよくみかけるような・・・。
気のあった仲間と楽しむツーリング、一人での小旅行など目的は様々ですが、ちょっとオートバイから遠ざかっていたライダー達が、昔の「相棒」とともに、やり残したことを探すため、第二の青春時代を謳歌しているように感じます。

オートバイの魅力を一つ挙げるとすれば「一体感」!
疾走中はスキーの感覚に似ていたり、はたまたオートバイを操っている感覚は乗馬に通ずるものがあったり・・・など、自慢の「相棒」との一体感がライダー達の心を掴んで離しません。
風を切って走るときに感じる空気や景色の移り変わりを自分の体でダイレクトに感じられるというのもオートバイならではですよね♪

そんなライダー達に愛されているスポットのひとつが信州。
爽やかな秋の空気を存分に味わえる軽井沢は、ライダー達のホットステーション!

オートバイに乗る方も、もちろん乗らない方にもオススメな自然を楽しむ軽井沢のスポットをご紹介します♪
映画に入り込んだ気分で、秋の軽井沢を走る!


<静かで美しい“白糸の滝”でドライブの疲れを癒す>
鬼押ハイウェイから、白糸ハイランドウェイを東に向かうと、映画「僕のオートバイ彼女の島」のロケ地ともなった白糸の滝があります。
高さ3m、幅70mの岩はだから、数百の水が白糸のように落ちる様が美しい滝です。

河川が源の滝を「動」とするなら、この白糸の滝は「静」。
地下水を源水としているので、流れる水量が一定で日本庭園のような静けさがあり、今の季節はまばゆいばかりにきらめく紅葉とともに目を楽しませてくれます。
水しぶきから出るマイナスイオンはヒーリング効果もあるんだとか。
マイナスイオンを浴びながら、美味しい空気を吸ってリフレッシュ!
これから冬の時期は、この白糸の滝の天然水を利用した氷柱イルミネーションが作られ、昼とはまた一味違う神秘的な姿を見ることができます。
数百の水が白糸のように落ちる白糸の滝。まるで庭園の中にいるかのよう・・・


<昔の旅人はここを越境していたのかも・・・旧碓氷峠見晴台>
軽井沢町は、長野県のお隣・群馬県に近いこともあり、県境にあるスポットがいくつかあります。
その中の一つが、旧碓氷峠見晴台!
この見晴らし台からは雄大な浅間山や妙義山、八ヶ岳などを眺めることができ、山を彩る赤・黄・緑のグラデーションが裾野に広がる様子はまさに絶景♪
また、夕景も美しく、避暑にきていた方々から「サンセットポイント」と呼ばれていたそうです。
山に沈む夕日を見ながら、昔の旅人と自分を重ね合わせる・・・心にじんわりと沁みる感動を味わえるかもしれません。
左:長野県と群馬県の県境を示す看板 右上:山々を望み紅葉を楽しむ絶景スポット
下段中:見晴台はその名の通り、遠くまで見渡せます。


<世界で夏季・冬季二つのオリンピック会場となったのは軽井沢だけ!>
さて、ドライブとは違いますが、テニスを始め四季を通じてスポーツが楽しめるのも軽井沢の魅力です。
今年の夏は日本中がロンドンオリンピックに湧き、連日繰り広げられる熱戦や選手達のひたむきな姿に感動しましたよね!
軽井沢は、東京オリンピックでは総合馬術、長野オリンピックではカーリングの会場となった場所。
夏季・冬季のオリンピックで会場となった土地は世界の中でも軽井沢だけなんです!これは知らなかった~!最近ではアイスホッケーも人気なんだとか。

軽井沢風越公園では、カーリングやアイスホッケーなどウィンタースポーツを中心とした様々なスポーツが楽しめます。
上段左:「スカップ軽井沢」は、夏季は温水プールとしても利用できます。
上段右:カーリング会場となった「軽井沢風越公園アイスアリーナ」。
     アイスホッケーやフィギュアスケートなどもできます。
下段左・中:旧軽井沢にある、天皇皇后両陛下の出会いの場となったテニスコート。
       テニスコートへ続く通りは「テニスコート通り」と呼ばれています。
下段右:長野オリンピック・カーリング競技開催を記念して、参加した43カ国の木を植樹した
     「オリンピックの森」



中山道の宿場町のひとつでもある軽井沢は、ほっとひと息つける自然の“お休み処”があります。
オートバイとの一体感や疾走感、景色の移り変わりを感じるのも魅力ですが、立ち止まってちょっとひと息、その土地の空気を味わう、というのもいかがでしょうか?

後編では、大切な人との距離がグッと縮まる!?軽井沢でのハートスポットや、山ガールにオススメの歩く軽井沢をご紹介します。 お楽しみに♪


◆軽井沢町
軽井沢町は、長野県の東信地域に位置し、群馬県境に位置する高原の町。
避暑地・別荘地として全国的に有名で、年間を通して多くの観光客が訪れます。
1964年の東京オリンピックでは総合馬術、1998年の長野オリンピックではカーリングの競技会場となり、世界で唯一、夏季・冬季両方のオリンピック競技会場とされました。
また、毎年夏に両陛下が訪れる静養地としても広く知られています。

上段左:軽井沢役場
上段右下:今回お話をお伺いした、軽井沢役場 観光経済課の長谷川さん。
下段左:軽井沢の玄関口「軽井沢駅」


◆軽井沢役場 観光経済課
TEL:0267-45-8579
http://www.town.karuizawa.nagano.jp/


★編集後記★

オートバイで風を切りながら走るのって気持ちイイ~♪
でもスピードの出し過ぎには注意です!
安全運転第一!
ドライブで普段とはちょっと違う軽井沢を満喫してみてください☆

ナビゲーター:リンダ(左)・鈴之助(右)




LINEで送る

このブログのトップへ