是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 自然・名水・秘境 > 木曽川渓流釣り解禁しました!!

木曽川渓流釣り解禁しました!!

3月1日は木曽川漁協の解禁日、待ちかねた釣り人が早朝から木曽川本流に入っていました。



皆さんご承知かと思いますが、川で釣りをするには釣り券が必要になります。
今年の年券はこんなデザインで5,250円です。日釣券1,050円ですので、年券が絶対お得ですよ。

コンビニなどで買えますが、年券には昨年から顔写真が必要になりました。


木曽川の魅力は、大阪府に匹敵する広いエリアに幾多の支流をもち渓相が素晴らしいことと、必ず釣れる魚影の濃さでしょう。
渓流マップなど詳しい情報は木曽川漁協のHPをご覧ください。


さて、さてお勧めポイントですが、山奥に入らなくても町内の
S川(ここは釣り大会の残り物が多いことも)

Y川、

本流に入るこんな小さい河川にも大アマゴがいることがあるので見逃せません。


渓流釣りにはいろんな釣り方がありますが、この木曽地域起源説があるテンカラ釣り(一般には毛ばり釣りと言われています。)をご存知でしょうか。道具はいたって簡単です。




上からテンカラ竿、レベルラインに1号の釣糸、えさは疑似餌の毛ばり、魚体に触らずにリリースできるフックリリーサーです。

木曽で実績があるのは、左からエルク(鹿の毛)、モスキート(蚊)、逆さ毛ばりです。

エルクのような水面を流すドライ系は魚が水面を割って出る瞬間がわかるので、狙ったとおり出ると最高ですね。


本流のように川幅があるところは、ルアー釣りも面白いですよ。
代表的なルアーは、上からプラグ、スピナー、ミノーとなります。

木曽川ではありませんが、本流ではプラグにこんな40センチ超級のイワナがヒットすることもあります。


これから釣りを始める方の最低限の装備もご紹介します。
上から帽子、偏向サングラス、釣り用ベストにウェーダーです。

暖かくなり、山奥に入る場合の追加装備はこちら。
右から危険度に応じて配置してあります。熊除け鈴、爆竹、熊スプレー、ナタ(平常時は主に藪漕ぎ時の枝払い用)

万が一、熊に遇ってしまったら、背中を向けずゆっくり後ずさりしましょう。(実はこれが難しい。)


キャッチ&リリースでマナーを守り、木曽川の釣りを楽しんでくださいね。


LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE