い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 収穫の秋に 【井月さんのこころ136】

収穫の秋に 【井月さんのこころ136】

井月さんのこころ シリーズ その136

 今週の一枚は「松茸」です。

DSC_2653   松茸や薪拾ひの狐福  井月

 この句は、2013年9月28日 松茸香る頃【井月さんのこころ28】に登場しました。

   酒蒸しの松茸香る至福かな  青巒

 

 7日(水)農地整備課の収穫祭、14日(水)農政部現地機関の収穫祭。お招きに預かり、秋の味覚を存分に味わうことができました。

 圧巻は、松茸づくしのフルコース。煮て、焼いて、蒸して、天麩羅や松茸酒までも、堪能しました。ごちそうさまでした。

DSC_2655 DSC_2657 DSC_2659 CIMG6531 CIMG6533

 松茸の生産量については、一昨年の記事(遡回その29)で紹介しましたが、県内生産量は、一昨年、昨年、今年と3年連続して安定した作柄になったようです。今年の生産量は未だ出ませんが、直近のデータは表のとおりです。

 長野県の全国シェアはこのところトップで平均すれば5割を超えており、平成25年産の上伊那の県内シェアは諏訪と並んで29%(8.4トン)でトップでした。

2013年10月5日 秋の深まり感ずるように【井月さんのこころ29】

 上伊那は全国一の松茸産地です。単位:トン、%

DSC_2680

 9日(金)は、第33回上伊那郡市育樹祭が南箕輪村大芝高原で開催されました。

CIMG6519 CIMG6521

 天候にも恵まれ、みどりの少年団をはじめ関係団体の皆さんの御協力により、すばらしい育樹祭になりました。主催者を代表しての開会挨拶は以下のとおりです。

 本日は、素晴らしい木々に囲まれたこの大芝高原において、南箕輪村・上伊那山林協会・上伊那森林組合並びに上伊那地方事務所の共催によりまして「上伊那郡市育樹祭」を開催いたしましたところ、御来賓の皆様をはじめ、管内から大勢の皆様のご出席を賜り、盛大に挙行できますことを厚くお礼申し上げます。

 森林は、水や空気を育み、多様な生物を育て、洪水や山崩れを防ぎ、木材を供給する場となり、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し、固定する役割も担うなど、様々な役割を果たして私達の生活を支えています。

 かつての森林は、私達の生活に密着していました。人々は地元の木材で家を建て、薪や炭を燃料とし、山菜やきのこなど、豊かな森の恵みを活用しながら森林を育んできました。

 しかし、私達のライフスタイルが変化し、森林との関わりが少なくなり、また、木材価格の低迷などで、この大切な森林の維持管理を担ってきた農山村において、過疎化や高齢化が進み、間伐等の手入れ不足による森林の機能低下が危ぶまれており、地域にとって欠かせない森林をいかに健全な状態で次の世代へと継承していくかが課題となっています。

 今年も台風による災害が全国各地で発生し、茨城県常総市の堤防決壊による大規模な浸水被害のニュースなど、記憶に新しいところであります。

 テレビに映し出される生々しい洪水や山地崩壊等の様子を見るにつけ、災害に強い健全な森林整備が必要であると思い知らされます。

 このような社会情勢の中、手入れの遅れた身近な里山の間伐を目的に、平成20年度から県民の皆様から「長野県森林づくり県民税」をいただき、整備を進め、着実な成果を上げております。

 一方、本県の森林資源は着実に充実しつつあり、切捨て間伐から、可能な限り利用する「搬出間伐の時代」を迎えております。

 木材の利活用を進めるため、塩尻市には県内初の集中型木材加工施設の整備と低質材等を利用したバイオマス発電の一体的な整備も進められています。このFパワープロジェクトには 今後、上伊那地域からも原材料の供給が行われて、地域の林業が活性化することが期待されているところです。

 本日は、平成27年度「ふるさとの森林づくり県民運動推進強調月間」と併せて来年6月5日に開催されます「第67回全国植樹祭」の気運を盛り上げ、森林づくりの大切さを学んでいただくため、「大芝高原みんなの森」の森林整備を行っていただきます。

 なお、来年の「全国植樹祭」は、長野のエムウェーブで記念式典等が開催されますが、サテライト会場・上伊那地域の県民植樹会場として、伊那市鳩吹公園でも植樹祭が行われることとなりますので、ぜひ皆様にも御参加いただきますようお願いいたします。

 本日は、南箕輪小学校3年生、南部小学校6年生の皆さん方にも大勢参加いただいております。本日の育樹や遊歩道整備などの作業を通じ、私たち一人ひとりが「森林づくり」について考え、上伊那地域の森林を恵み豊かな、活力のある健全な森林として、次の世代へ引き継いでいくことができますよう、皆様方の御支援、御協力をお願いいたしまして、主催者としてのあいさつといたします。

この日の慰労会も、林務課を中心とした収穫祭、………のはずでしたが、残念ながら欠席しました。ごめんなさい。

CIMG6527 10日(土)は、伊那市暴力追放・地域安全市民大会がいなっせで開催され、激励の挨拶を申し述べさせていただきました。川柳つくしさんの防犯落語を聴きました。市中パレードも行われました。

 その晩は、休戸耕地の役員会を開催し、11月の文化祭・ゲートボール大会や山の神例祭などの打合せの後、中間慰労の席を設営しました。

 

 11日(日)は、日頃からお世話になっていることのはさんのお誘いで、大相撲富士山山梨場所観戦ツアーに参加させていただく………はずでしたが、残念ながら欠席しました。ごめんなさい。

 収穫の秋、井月さんが詠んでいます。

   秋風や身方が原の大根畑  井月

 以下、この句の評釈について、井上井月研究者である竹入弘元氏の「井月の魅力 その俳句鑑賞」(ほおずき書籍)から引用させていただくと・・・、
 身方が原は、静岡県浜松市の三方原町と推察。浜名湖の東方に広がる広大な原野。今は建て込んできたが、一五七二年十二月、天下制覇を目指す武田信玄が浜松城に寄る徳川家康を打ち負かした古戦場。

 茶畑等開発が進み、井月が江戸から関西に、ここを通りかかった頃は大根の育つ季節、さつさつと秋風が吹いていた。初句「冬ざれや」ともする。

  (秋風・秋)

 井月さんの詠んだ秋風の句は、遡回その75やその86にも登場しました。

2014年8月30日 秋を感じる頃 【井月さんのこころ75】

2014年11月15日 晩秋の風と残菊に 【井月さんのこころ86】

 

DSC_2670 都をば霞とともに発ちしかど………雲隠れしてしまった能因法師か?

   何処やらに秋風ぞ吹くTPP   青巒

 

 今週の結びは、愚良子先生のこの句です。初秋の句かもしれませんが………

 「春日愚良子句集」から

   これはもう告げずともよし秋の風  愚良子

LINEで送る

このブログのトップへ