諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖と鉛とコハクチョウの話・中~マガモが教えた摘出手術~

北に帰れてよかったね!諏訪湖と鉛とコハクチョウの話・中~マガモが教えた摘出手術~

「マガモが教えてくれた!」と
望月先生は驚いたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(犀川白鳥湖のコハクチョウ)

【環ちゃんの手術成功】

それから数日後の12月4日、
今度は鉛中毒のコハクチョウが担ぎ込まれてきました。

犀川白鳥湖に飛来していた、
頭が少し黒い、生まれて2年目の亜成鳥でした。

「よし、マガモに教わった通り手術するぞ」
と思った望月先生は筋胃の下部を切り、
長いピンセットを使って鉛を取り出しました。

そのコハクチョウは3日目に
スッと元気になりました。

そして12日目には
「こんな狭いところにはいられないよ。帰るよ」
と望月先生に訴えたそうです。


(水を蹴って飛び立つコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

そこで望月先生は
「アルプス白鳥の会」の人たちにコハクチョウを渡し、
保護した場所より5キロ下流の
「御宝田(ごほうでん)遊水池」に連れてゆきました。

望月先生はそのコハクチョウに
「環(かん)ちゃん」という名前を付けました。

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ