諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 北に帰れてよかったね!諏訪湖と鉛とコハクチョウの話・中~マガモが教えた摘出手術~

北に帰れてよかったね!諏訪湖と鉛とコハクチョウの話・中~マガモが教えた摘出手術~

「シベリアと日本をいつまでも巡るように」
という願いを込めた名前です。


(朝もやの中を飛ぶコハクチョウ 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

環ちゃんは水面を泳いで
百羽ほどいたコハクチョウの群れの中に混じりましたが、
それから涙ぐましいリハビリをしたそうです。

池の土手をトコトコと歩いて登り、
そこから駆け下りて水の上でパタパタと羽ばたく。

しかし中々飛ぶことができず、
環ちゃんは毎日何度も
その「トコトコ」「パタパタ」を繰り返したそうです。

努力の結果一カ月後にはようやく高く飛べるようになり、
環ちゃんはシベリアに向けて北帰行しました。


(氷を蹴って飛び立つコハクチョウ /諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

環ちゃんは翌年犀川には来ませんでしたが、
もしかするとシベリアで奥さんを見つけ、
奥さんの越冬地の方に行ったのかもしれないと
望月先生は考えています。


(コハクチョウのつがい 諏訪湖白鳥の会 阿部正則さん提供)

そしてその翌年の1994年(平成6年)12月、
望月先生は諏訪湖のコハクチョウ
「まあちゃん」に出会うのです。

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ