南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 河底の下の NEW 水路トンネル 推進中!!(竜西一貫水路)

河底の下の NEW 水路トンネル 推進中!!(竜西一貫水路)

【青いのがカッターヘッド(φ約2.9m)、右にあるのが推進管】

 

立坑を上からのぞくと、下に見学者や掘進していく材料が見えました。この立坑の直径は9mで、深さは何と25mです!!

こちらは近景です。人間と比べて、いかに管が大きいかが分かりますね。

この現場では、想定よりも固い岩が出たために、立坑を掘るのにも難航したとのことで、現時点での完了見込みは令和3年3月頃とのことでした。

こちらは、隣にある既設の水槽です。農業用水が流れているのがわかります。

今回は大規模な現場を見学させて頂きました、それにしても、農業土木技術の英知は素晴らしい!!

改めてその凄さを目の当たりにして思い出したのが、日本の農業土木の創始者である上野英三郎(うえのひでさぶろう)博士です。

名前をご存じでない方も、上野博士に飼われていた犬のことは知っているはず。上野氏こそ、渋谷駅前にある忠犬ハチ公の飼い主だったのです!!

今の技術も凄いですが、昭和10年代に竜西一貫水路を計画し、工事に携わった皆様の苦労にも頭が下がる思いがしました。

農は国の礎。その農業を支えてきた農業土木の技術。
南信州の農業土木に目を向けていただけると嬉しいです!!

【参加者全員で記念撮影!!】

1 2

このブログのトップへ