南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

南信州の今月の花「リアトリス」

農業改良普及センターのHです。
南信州地域では、農協扱いで200品目以上もの花きが市場出荷されています。他に産地が少ない特殊な花が多く栽培されていますので、これらの花を不定期に紹介させていただきたいと思います。

タイトルにある「リアトリス」は、キク科ユリアザミ属の多年草で、花言葉は「燃える想い」「向上心」「説得力」などだそうです。
管内で生産されるリアトリスは、主に関東方面の盆花向け(7月盆)に栽培~出荷され、ちょうど現在(7月前半)出荷ピークを迎えています(出荷予定70万本)。

ほ場web
リアトリスのほ場。先端の花が1輪咲いた程度が収穫適期。

農家
農家では、長さと太さに応じて一本ずつ丁寧に、選花~箱詰めされます。

選果1
JA選花場には、次々と生産物が搬入されます。

選果3
出荷された花は、規格にあっているか、病害虫や傷みなどがないかを検査します。

選果2
出荷ピークを迎え、JA選花場も大忙しです。

昨年度は、気温が高目に推移したため開花が前進してしまい、需要期より早めの出荷となってしまいましたが、今年度はちょうど需要期の出荷となりました。関東方面の盆花として、消費者の皆様にご利用いただけることと期待しています。

このブログのトップへ