南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > 「治山」ってなんだろう? 第2回

「治山」ってなんだろう? 第2回

こんにちは。林務課takeです。

第2回は「治山事業が行われる森林」について紹介します。

第1回はこちら

 

「治山事業が行われる森林」とは、「保安林に指定されている森林」のこと。

「保安林って・・・?」と疑問に思う方も多いと思います。

 

森林には、木材を生産したり、降った雨を蓄えてゆっくり川に流したり、土をつかんで崩れにくくしたり、山火事が広がるのを防いだり、吹雪から町や道を守るなど様々な機能があります。

そんな大切な役割を持つ森林を、国や県が「保安林」として指定しています。

治山事業は原則この保安林で行われます。

 

「なぜそんなに限定的なの?」と疑問に思いませんか?

それは、治山事業は森林の重要な機能を復元したり、機能の発揮を補助することが目的だからです。

 

「治山事業」で行う具体的な仕事については、次回ご紹介します。

お楽しみに!

このブログのトップへ