「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 佐久地域の紅葉写真2018(その2・小諸城址懐古園編)

佐久地域の紅葉写真2018(その2・小諸城址懐古園編)

こんにちは。商工観光課のまっさんです。

佐久地域の紅葉写真2018の第2弾!として、小諸市の小諸城址 懐古園の写真をご紹介します。

※「第1弾 軽井沢編」第3弾 佐久市の寺社編」は以下をご覧ください。

佐久地域の紅葉写真2018(その1・軽井沢編)

佐久地域の紅葉写真2018(その3・佐久市の寺社編)

 

小諸城址懐古園といえば、「日本100名城」の一つにして「さくら名所100選」などにも選ばれている、城跡としても公園としても風情がある名所です。起源は源平合戦の時代までさかのぼりますが、武田信玄の軍師である山本勘助が縄張りしたことや、マンガの主人公にもなっている仙石秀久が大改修したことでも有名です。

撮影日は11月4日と5日。紅葉の進み具合としては7割くらいだと思いますが、落葉している部分もあり、苔と石垣と紅葉のコントラストがとても素敵でした。

苔むした石垣と、紅葉をセットで撮影できるのは懐古園ならではの良さだと思います。

石垣とモミジの奥に建物が見えます。こちらは、小諸とゆかりの深い文豪・島崎藤村が、小諸時代に書いた作品・資料等を展示している「藤村記念館」です。

苔と落葉です。後ろに見える建物は弓道場です。当日も、弓道の修練に励む方々がいらっしゃいました。和風な雰囲気に包まれます。

本丸跡にある池です。鯉と、水面に浮かぶモミジ、水面に映るモミジの共演。

本丸跡の懐古神社です。雨が降ると、なんだか和風な雰囲気が引き立つ気がします。

雨に濡れるモミジ。

雨に濡れる道。

 

以上、今回は小諸城址懐古園の紅葉をご紹介しました。

桜の名所でもあるほか、季節折々に風情ある景色を見られます。和風な雰囲気を満喫したい方にはぴったりな場所ですので、気になった方はぜひお越しください。

 

佐久地域振興局 商工観光課
0267-63-3157

このブログのトップへ