「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のイベント > 御酒飲ラリー参加中 4店目、5店目にお邪魔しました

御酒飲ラリー参加中 4店目、5店目にお邪魔しました

佐久地域振興局のえいちゃです。

現在参加中の御酒飲ラリー、先日7枚の景品である「北斗の拳名セリフ入りオリジナル酒枡」をいただきましたが、更に残りの8枚を集めるべくチャレンジを続けています。

御酒飲ラリー参加中 3店目は、「居酒屋こんどう」

 

4店目に訪問した「旬菜家海里」さんは、岩村田商店街から北に少し行ったところにある和食のお店です。

この日は、和室に20人ほどが参加しての懇親会です。
水産卸をやっている会社がやっているお店だけあって、お刺身や寿司が新鮮な感じで良かったです。
焼き魚や天ぷら、お一人様の鍋からデザートにメロンまで出てくるコース料理で、食べきれないくらいでした。

こちらのお店では、佐久の日本酒を4銘柄扱っていますが、飲み放題コースということで、千曲錦が出てきました。
他の銘柄を頼むと別料金なので、シール1枚だけ獲得です。

千曲錦酒造さんは、新幹線佐久平駅の北側、もうちょっとで小諸市というあたりにあり、佐久では一番の大手になります。
敷地内に大きな桜の木が並び、春の蔵開きの前後に満開になります。
焼き鳥などのテントが出て、新酒の試飲や樽酒のふるまい、利き酒などもあって、のんびりすごせます。

 

5店目に訪問したのは、岩村田商店街から少し東に入った「かつ栄」です。

名前のとおり、とんかつのお店なのですが、二階や離れにお座敷があって、大人数での宴会にも対応しています。
この日は、畳の部屋に低めのテーブルと椅子があり、腰にも優しい宴席でした。
キャベツたっぷりのとんかつの一皿がコースに加わり、お店の特長を出しています。
鍋には鮭、鱈らしき白身の魚の照り焼きも出てきて、お腹いっぱいです。
昭和の時代には、岩村田に北佐久地方事務所や建設事務所があったため、県職員がたくさん利用しており、今もいろんな機会にお邪魔しています。

はじめに出てきたのは、岩村田商店街にある戸塚酒造の「寒竹」。
この界隈で、銘柄を指定しないと、よく出てくる定番のお酒です。
でも、1店目でシールをいただいているので、お店の人と相談して追加注文をしました。

まず、佐久市北部、佐久平駅から西に行ったところにある古屋酒造の「深山桜」。
透明なグラスに枡の受け皿付き、小さなプラカードが銘柄を主張しながら登場です。

 

鍋で温まった身体に、味わい濃い冷の吟醸酒が染み込みます。
ちなみに、昨年のラリーでいただいた、桜の花びら入りリキュールは、古屋酒造のお酒でした。

 

御酒飲ラリー実施中 15酒コンプリートしました!

 

もう一杯は、「澤の花」。
こちらは、佐久合同庁舎最寄りの野沢商店街の中ほど、伴野酒造のお酒です。
野沢商店街の近くには、「ぴんころ地蔵」があり、毎月第二土曜日には参道に山門市が開催。
伴野酒造の出店でお酒を買うこともできます。

2枚のシールをいただき、これで10枚になりました。

佐久地域振興局総務管理課
0267-63-3131

 

このブログのトップへ