自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > 自然公園 > 県立自然公園 > 中央アルプス駒ヶ岳で約50年ぶりにライチョウが確認されました!

中央アルプス駒ヶ岳で約50年ぶりにライチョウが確認されました!

こんにちは。自然保護課です。

既に報道でご存知の方も多いかと思いますが、7月下旬に中央アルプス木曽駒ヶ岳ライチョウのメス1羽が確認されました
1969年頃に中央アルプスではいなくなったと言われており、実に約50年ぶりの確認になります

今回の目撃情報を受けて、8/7に環境省・長野県が専門家とともに現地調査を行いました

(報道機関の皆さまにも一緒に登っていただきました。お疲れさまでした!)

残念ながら個体は見つかりませんでしたが、昨年のものと思われる巣や卵、比較的最近のフン羽根等が確認され、少なくとも1年以上は駒ヶ岳周辺で生活している個体とみています

(今回見つかったライチョウのフンです。)

(ライチョウはハイマツの下に営巣します。おそらく昨年の巣・卵とのこと。)

ライチョウのオスは広く分散することがないようで、駒ケ岳周辺に今いるのはメス1個体のみと思われます。なお、卵が見つかっていますが、未受精卵と見られます。

 

さて、この駒ヶ岳は伊那谷側からロープウェイで標高2600m以上までアクセスできるため、体力に自信のない方でも比較的登りやすい山かと思います
信州山のグレーディング:難易度2B)

「登山はできない」という方でもロープウェイ終点の千畳敷駅から、カールを散策するだけでも十分楽しめますよ

1 2

このブログのトップへ