自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

八島はにぎやか!【霧ヶ峰】

こんにちは、霧ヶ峰自然保護センターです。

霧ヶ峰高原にある八島ヶ原湿原の平日はとっても静かです。

特に冬期は人も少なく聞こえてくる音は鳥の囀りか雪どけの音だけです。

そんな八島を巡回していると、まだ誰も歩いていない雪の上にいつも見かける
動物の足跡が一直線についていました。

その足跡は普段、散策者が歩く遊歩道の真中についていました。

「この動物も歩きやすい遊歩道を歩くのだな。」とその足跡の持ち主になぜか親近感を覚えてしまいました。

さらによ~く観察してみるとこの足跡の持ち主はどうやら霧ヶ峰のキツネと推測しました。

そして、その足跡をたどって行くと50m先に何か動くものを発見しました!

双眼鏡で見てみると丸々とした足跡の持ち主であるキツネでした。

キツネに気づかれないようにそっと観察していると遊歩道を軽快に歩いていました。

鼻を地面に近づけながら匂いを嗅いでいるようです。

さらにキツネの後をゆっくり追いかけていくと、突然、
そのキツネがこちらを振り返り逃げてしまいました。

キツネが私に気づいたと思われる場所から私がキツネを見ていた距離を測るとおよそ62mでした。

キツネの敏感さに驚きました。

キツネとの出会いに興奮冷めやらぬ内にカラマツ林の中でさらに動くものを発見し、
よく見るとニホンジカで6頭発見しました!
(当センターのトップページの画像がその時に撮ったもの)

これにはビックリです。距離にすると直線距離で40mほどでした。

初めての人に出会ったときもどきどきしてしまう私ですが、野生動物に出会うとさらにどきどきしてしまいます。

きっとキツネやニホンジカも同じようにどきどきしているでしょう。きっと。

そんなことを考えていると同じ動物なんだなぁとほっとしました。

この日の出会いは散策者3名、キツネ1頭、ニホンジカ6頭で人間よりも野生動物の方が多い八島ヶ原湿原の一日でした。

「八島ヶ原湿原は静かです」と冒頭でお伝えしましたがとってもにぎやかでした。

画像は発見したキツネです。見えますか? 

霧ヶ峰自然保護センターの場所はこちら

◆お問い合わせ先
霧ヶ峰自然保護センター
住所 長野県諏訪市四賀霧ヶ峰7718-9
TEL  0266-53-6456 または諏訪地方事務所環境課0266-53-6000(内線2545)

このブログのトップへ