来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

拾ケ堰の絶景

今日は拾ケ堰(じっかせぎ)と桜の風景を紹介します。
写真は4月に、平成橋とその周辺で撮影しました

足元には鮮やかな色の芝桜も咲いています。
また、よく晴れた日は常念岳を中心に北アルプスを美しく望むことができます。

拾ケ堰の水面に桜が映る風景もキレイです。

木陰にはベンチ、あずまやもあります。

桜のシーズンに限らず、それぞれの季節によって美しい風景が見られる

おすすめスポットです

 

―――――――――――――――――――――

 

※拾ケ堰は江戸時代に開削された農業かんがい用水路で、奈良井川から取水し、
梓川を横断して流れ、約15kmの緩やかな流れで安曇野を潤しています。
2016年には世界かんがい施設遺産に登録されました。(そのときの記事はこちら

このブログのトップへ