来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 安全・安心 > 県境を越えた広域連携「焼岳火山噴火対策協議会」

県境を越えた広域連携「焼岳火山噴火対策協議会」

北アルプスの活火山・焼岳(2455m)の火山防災対策を推進する「焼岳火山噴火対策協議会」が、7月8日、岐阜県高山市で開催されました。




「協議会」は、長野・岐阜両県の行政機関、地元関係団体、火山専門家など合計36の関係機関・団体で構成されています。

火山は、行政区域の境界に位置することが多く、焼岳も、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがっています。

火山防災には、県境を越えて、国・県・市をはじめ、多くの関係者が連携して取り組む必要があります。

また、いざという時に、両県の関係者が一体となって噴火対応にあたるためには、「協議会」を通じて、平常時から情報を共有するとともに、「顔の見える関係」を構築することも大切です。



今回は、「焼岳火山防災基本図」の策定、「火山防災訓練」の実施など、平成25年度の活動計画を決定しました。

先ごろ、日本を代表する活火山・富士山が世界遺産に登録されました。
火山は、雄大な景観、温泉など多くの恵みを与えてくれます

焼岳も『日本百名山』の一つであり、上高地、奥飛騨温泉郷など、全国有数の観光地の中心にそびえています。

火山の恩恵を十分に享受しつつ、いざという時に備え防災体制は万全に

めざすは火山との共生です。

(地域政策課K)

このブログのトップへ