来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 不法投棄防止パトロールを行いました

不法投棄防止パトロールを行いました

こんにちは。環境課廃棄物対策係です。

 

みなさんは街を歩いていて、落ちているごみが気になったことはありませんか。

ポイ捨ても「不法投棄」

生活環境の悪化のおそれがあり、法律で厳しく禁止されている行為です。

 

松本地域では、これを防ぐため、国、県、市村、団体及び県が委嘱している不法投棄監視連絡員を構成員とする「松本地域廃棄物不法投棄防止対策協議会」を設置し、パトロールなどの活動を行っています。

 

今回は10月29日に松本市内の奈良井川沿いの堤防道路で、パトロールとゴミ拾いを行いました。

  

奈良井川沿いの堤防道路は、一方通行で周囲から通行する車両が見えにくい箇所が多く、運転中に運転席からごみを投棄しやすい場所なんです!

歩いてみると場所ごとに違いはありますが、周囲から目の届かない場所では多くのごみが確認でき、袋がすぐにいっぱいになりました。

今回は、1時間程度のパトロールで約10袋ものごみが集まりました…

投棄されたごみの多くはポイ捨てされたと思われるコンビニ弁当、缶、瓶やペットボトル

松本市によると、ごみを回収しても、すぐにポイ捨てされてしまうとのことでした。

不法投棄は個人のモラルの問題であるため、解決の難しい問題ですが、不法投棄防止のために私たちがまずできることは「捨てられない環境をつくる」ことです。

今後も不法投棄撲滅に向けて活動を続けていきますので、みなさんのご協力をお願いします!

このブログのトップへ